品位あるハコフグ帽 さかなクンが永田町に風穴開ける快挙

公開日: 更新日:

 伝説のプリンセス以来の“快挙”か。タレントで東京海洋大名誉博士のさかなクンが13日、トレードマークの「ハコフグ帽」をかぶって参議院に参考人として出席。海洋問題で持論を語った。国会の規則は帽子着用での出席を原則禁じているが、「品位を欠くものではない」と全会一致で特例として認められた。

 さかなクンは「ギョギョっと緊張した。帽子は皮膚の一部。お認めいただき本当にありがたい」と記者団に語ったが、隔世の感を禁じ得ない。

 1991年、社会党の長谷百合子衆院議員が愛用のベレー帽をかぶって本会議に出席。物議を醸した際、彼女が正当性の引き合いに出したのは英国のダイアナ妃だ。86年の「国賓」来日時に帽子着用のまま、本会議場であいさつしたことを挙げたが、式典での着用は前例にならないとして突っぱねられた。

 あれから、もう29年。そろそろ、襟巻きや杖の持ち込みすら許されない永田町のジョーシキを“ギョッそり”見直してもいいのでは?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    安倍首相グルメ三昧 コロナ対策会議わずか10分のデタラメ

  3. 3

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  4. 4

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  5. 5

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  6. 6

    嵐ファン真っ青…北京公演中止に続き21年結婚ラッシュ突入

  7. 7

    川口春奈“本格女優”は茨の道 NHK大河のご祝儀も期限切れ?

  8. 8

    評論家・佐高信氏 理不尽な要求に経営者は抵抗してほしい

  9. 9

    ビートたけし「芸能界最高齢」婚は色ボケか 識者2人が分析

  10. 10

    京都から中国人が消えた…新型コロナで観光地正常化の皮肉

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る