林家ぺーさん振り返る 結婚3年目で宍戸錠と共演エピソード

公開日: 更新日:

 パー子とのおしどり夫婦として知られるお笑い芸人の林家ペーさん(78)。かつて準レギュラーだった人気バラエティー「元祖どっきりカメラ」(日本テレビ系)では、先月亡くなった宍戸錠と共演した。その思い出の写真がこれ……。

  ◇  ◇  ◇

 この写真、1975年の冬、今ごろだったかなあ。当時、千代田区麹町に本社があった日本テレビの控室で撮ったんですよ。この日は「元祖どっきりカメラ」のスタジオ収録があって、それが終わった後。パー子と僕はやや緊張していますが、錠さんは収録後でリラックスしてる様子がわかるでしょ?

 75年といえば、僕ら夫婦が結婚して3年目。まだ食うのが精いっぱいの下積みの頃。見てよ、パー子は初々しくって可愛いでしょ?余談ですけどね(笑い)。

 それはさておき、「どっきりカメラ」は「なんでもやりまショー」ってバラエティーのワンコーナーが独立して70年からスタート。一般の方や芸能人にイタズラを仕掛けたり、偽のシチュエーションでだましたりって構成で、錠さんは司会者兼だまし役でした。

 当時そんな番組はなかったから、すごく評判になってね。番組が始まるや、30%を超える高視聴率を叩き出し、他社も次々に似たような番組を作ったんです。

 そもそも僕の師匠の先代・林家三平がスタート時から出演していました。それで付き人としてスタジオに出入りするうちにお鉢が回ってきたんです。

 もちろんすごくうれしかったですよー。一言じゃ言えないくらい。なんてったって錠さんといえば、日活アクション映画の「エースのジョー」。和製ガンマン、早撃ちの名手として銀幕の大スターでしたから。僕は大阪の日本橋で育ったんですが、小学生の頃から難波の映画館へ通い、錠さんは憧れの一人。そんな雲の上の人と一緒に仕事できるなんて夢のようでしたよ。

 出演したのは師匠の付き人時代から数えると70年ごろから番組が終了した89年まで。その5年後から去年まで開催されたスタッフと出演者の“同窓会”には皆勤賞です。錠さんと最後に会ったのは5年前の“同窓会”だから、45年くらいお付き合いさせていただきました。

 とはいっても、僕は番組ではだまされてばかりでね。スタジオ収録の時はそのシーンをVTRで見ながら随分、錠さんにイジられてました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    インド15歳少女の“愛の証”に世界が衝撃…HIV感染の「恋人の血液」を自ら注射!

    インド15歳少女の“愛の証”に世界が衝撃…HIV感染の「恋人の血液」を自ら注射!

  2. 2
    夏ドラマ“爆死”のワケは「イントロが長い」から? TBS日曜劇場まで視聴率1ケタ台

    夏ドラマ“爆死”のワケは「イントロが長い」から? TBS日曜劇場まで視聴率1ケタ台

  3. 3
    大阪桐蔭は高校野球では無敵なのに…森友哉世代以降のOBがプロでパッとしない謎解き

    大阪桐蔭は高校野球では無敵なのに…森友哉世代以降のOBがプロでパッとしない謎解き

  4. 4
    森元首相が内閣改造人事で“黒幕”気取り 岸田首相への「お願いがその通りに」と大放言!

    森元首相が内閣改造人事で“黒幕”気取り 岸田首相への「お願いがその通りに」と大放言!

  5. 5
    五輪卓球金・伊藤美誠に何が? 国内3大会連続敗戦のウラ側と五輪選考めぐるゴタゴタ

    五輪卓球金・伊藤美誠に何が? 国内3大会連続敗戦のウラ側と五輪選考めぐるゴタゴタ

  1. 6
    松山英樹「LIVに興味はある」と発言…カネで魂売ればイメージダウンは必至

    松山英樹「LIVに興味はある」と発言…カネで魂売ればイメージダウンは必至

  2. 7
    大谷初の規定投球回クリアに…正捕手スタッシの「拙守と弱肩」という意外な泣きどころ

    大谷初の規定投球回クリアに…正捕手スタッシの「拙守と弱肩」という意外な泣きどころ

  3. 8
    これが女子プロ“バブル”の現実 2年目の西郷真央はすでに大卒女性「生涯賃金2.6億円」超え

    これが女子プロ“バブル”の現実 2年目の西郷真央はすでに大卒女性「生涯賃金2.6億円」超え

  4. 9
    降板を告げられた直後に「勝負せんか!」と一喝…権藤監督が何度も怒った理由

    降板を告げられた直後に「勝負せんか!」と一喝…権藤監督が何度も怒った理由

  5. 10
    血管年齢の「老化」と認知症につながる「糖化」を防ぐ食べ方のコツ

    血管年齢の「老化」と認知症につながる「糖化」を防ぐ食べ方のコツ