宍戸錠は「カズノコ」と…“頬っぺた”除去後に放った一言

公開日: 更新日:

 宍戸錠が86歳で亡くなった。日活「渡り鳥」シリーズなどで悪役として活躍し、「エースのジョー」がニックネームだった。テレビでは「元祖どっきりカメラ」「くいしん坊!万才」で人気者になった。

 だが、宍戸で誰もが思い出すのは、丸く膨らんだトレードマークの頬っぺただ。あれは「オルガノーゲン」といわれる液状のパラフィン。

 日活の大スターだった石原裕次郎は正統派の二枚目。どう逆立ちしても裕次郎は超えられない。そこで頬を膨らませ、悪役向きのふてぶてしい風貌にするため、豊頬手術を思い立った。

 この「逆整形」は大成功だった。もしやらなければ、宍戸がスターとして大成したかどうか。

 ところが、宍戸はこの頬っぺたが嫌になる。2001年3月、「シシドの顔はもう飽きた。膨らんだ顔をしぼませて、古顔(オールドジョー)になりたい」と語り、再手術を行った。オルガノーゲンが石灰化して頬の皮膚に癒着し、がんの原因になったり、敗血症を招く恐れがあるのも決断した一因だった。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    高校野球の監督は「甲子園出場で御殿が建つ」って本当? どれだけ稼ぐ?

    高校野球の監督は「甲子園出場で御殿が建つ」って本当? どれだけ稼ぐ?

  2. 2
    水卜麻美、藤井貴彦…キャスターが次々コロナ感染 “緩みっぱなし”の情報番組スタジオ裏

    水卜麻美、藤井貴彦…キャスターが次々コロナ感染 “緩みっぱなし”の情報番組スタジオ裏

  3. 3
    桜田淳子と旧統一教会の45年…全盛期の19歳で入信、10年以上隠しながら34歳で合同結婚式へ

    桜田淳子と旧統一教会の45年…全盛期の19歳で入信、10年以上隠しながら34歳で合同結婚式へ

  4. 4
    「眞子さんの乱」が思春期の悠仁さまに落とした影…予定していた進学コースに狂い

    「眞子さんの乱」が思春期の悠仁さまに落とした影…予定していた進学コースに狂い

  5. 5
    桜田淳子は「広告塔」として布教に貢献…教団内での現在の立ち位置は?

    桜田淳子は「広告塔」として布教に貢献…教団内での現在の立ち位置は?

  1. 6
    桜田淳子が統一教会の合同結婚式出席 実兄は「もう縁を切ったようなもの」

    桜田淳子が統一教会の合同結婚式出席 実兄は「もう縁を切ったようなもの」

  2. 7
    3000万匹に1匹のはずが…米ミシシッピ州でまた“激レア”のロブスター見つかる

    3000万匹に1匹のはずが…米ミシシッピ州でまた“激レア”のロブスター見つかる

  3. 8
    プロゴルフのキャディーはどのくらい稼ぐ? 契約金は交通費・宿泊代込み「1試合12万円」

    プロゴルフのキャディーはどのくらい稼ぐ? 契約金は交通費・宿泊代込み「1試合12万円」

  4. 9
    大谷翔平はエ軍消化試合でも全力プレー 「投打規定数Wクリア狙い」に金満球団ヤキモキ

    大谷翔平はエ軍消化試合でも全力プレー 「投打規定数Wクリア狙い」に金満球団ヤキモキ

  5. 10
    センバツ圧巻V大阪桐蔭の“侵攻”に日本中の高校から怒りの声! 関東、東北が“草刈り場”に

    センバツ圧巻V大阪桐蔭の“侵攻”に日本中の高校から怒りの声! 関東、東北が“草刈り場”に