宍戸錠は「カズノコ」と…“頬っぺた”除去後に放った一言

公開日: 更新日:

 宍戸錠が86歳で亡くなった。日活「渡り鳥」シリーズなどで悪役として活躍し、「エースのジョー」がニックネームだった。テレビでは「元祖どっきりカメラ」「くいしん坊!万才」で人気者になった。

 だが、宍戸で誰もが思い出すのは、丸く膨らんだトレードマークの頬っぺただ。あれは「オルガノーゲン」といわれる液状のパラフィン。

 日活の大スターだった石原裕次郎は正統派の二枚目。どう逆立ちしても裕次郎は超えられない。そこで頬を膨らませ、悪役向きのふてぶてしい風貌にするため、豊頬手術を思い立った。

 この「逆整形」は大成功だった。もしやらなければ、宍戸がスターとして大成したかどうか。

 ところが、宍戸はこの頬っぺたが嫌になる。2001年3月、「シシドの顔はもう飽きた。膨らんだ顔をしぼませて、古顔(オールドジョー)になりたい」と語り、再手術を行った。オルガノーゲンが石灰化して頬の皮膚に癒着し、がんの原因になったり、敗血症を招く恐れがあるのも決断した一因だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  2. 2

    これぞ教育!帽子を脱がない校則違反の男子生徒に校長は…

  3. 3

    小室哲哉カネと女で晩節汚し…推定資産1000億円からの転落

  4. 4

    落合監督の「虫けらノック」で井端、荒木、森野は成長した

  5. 5

    ホリエモンがひろゆきに絶縁宣言 2人の対談連載は終了か?

  6. 6

    小池知事「4都県 2週間延長」巡り3知事を“騙し討ち”の姑息

  7. 7

    久美子氏が「従業員持株会」に宛てた“圧力”メールの中身

  8. 8

    落合監督は首脳陣と選手の食事会場を分け酒の差し入れも

  9. 9

    「オレ流」落合監督の入閣打診 早すぎる前々年12月だった

  10. 10

    久美子氏は社員に警告「勝久会長への協力は就業規則違反」

もっと見る