井筒和幸
著者のコラム一覧
井筒和幸映画監督

1952年12月13日、奈良県出身。県立奈良高校在学中から映画製作を始める。75年にピンク映画で監督デビューを果たし、「岸和田少年愚連隊」(96年)と「パッチギ!」(04年)では「ブルーリボン最優秀作品賞」を受賞。歯に衣着せぬ物言いがバラエティ番組でも人気を博し、現在は週刊誌やラジオでご意見番としても活躍中。

銀幕に存在感を焼き付けた純粋に欲どしい俳優・宍戸錠

公開日: 更新日:

 感謝します。宍戸錠さん、長い人生、ほんとにお疲れさまでした――。

 昭和の映画俳優が次々に世を去っていく。「わしは明石組の岩井や」の梅宮辰夫さんもそうだが宍戸さんも硬派の役者、いや、活動屋だった。日活の「殺しの烙印」(鈴木清順監督)なんてシュールな殺し屋の話など覚えてる人は少ないだろうな。1967年に主演したニューシネマだ。「仁義なき戦い・完結篇」でも広島やくざの組長を演じた。何役をやっても、個性をフル稼働させて、銀幕に存在感を焼き付けてみせる、純粋に欲どしい俳優だった。

 初めてご一緒したのは1989年、平成に変わった頃で、片岡鶴太郎が死刑囚役で主演したTBSの2時間ドラマだった。局の意向だから仕方なかったが、片岡鶴太郎などボクは実は役者とも思ってなくて「誰か気の許せる気さくな本物の映画俳優らしい人たちで脇役を固めてもらいたい。でないと落ち着いて撮る気がしないから」とプロデューサーに頼み、現場に来ていただいたのが宍戸さんだった。日活の「エースのジョー」がカメラの前に立ってくれるのがうれしくて、毎日の撮影が楽しかった。浅草あたりで夜のロケが終わると「カントクさ、渋谷行こうよ。俺の知ってる酒が飲めるうなぎ屋あんのよ」と誘ってくれた。横から、これまた大女優の淡路恵子姐さんから「なんでよ、私の身内がやってる六本木行こうよ。2人で行かなくたっていいじゃない」とアヤをつけられた。結局、3人で渋谷のスッポン屋に行って、それからバーに回った。酒好きな錠さんと聞いていたのに、映画の理論の話ばかりになり、「カントク、俺は今、日活時代の実録小説を考えてんだよ。必ず、3年後に仕上げっから」と真剣だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    島根・丸山知事は東京でも堂々90分超 これぞザ・記者会見

  2. 2

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  3. 3

    血税の官房機密費で返納か? 渦中の山田広報官に怨嗟の声

  4. 4

    菅首相長男らの違法接待で深まる謎…東北新社の正体とは?

  5. 5

    “鉄壁ガースー”どこが?東北新社「わからない」のテキトー

  6. 6

    コワモテ菅長男は陽キャ…令和おじさんモノマネが鉄板ネタ

  7. 7

    高須院長の弁明 驚くほど愚かな人たちによる愚かな出来事

  8. 8

    山田広報官バブリーな感覚 “ごっつぁん体質”でワイン好き

  9. 9

    デマ垂れ流し集団「大阪維新の会」の“ファクトチェック”

  10. 10

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

もっと見る