井筒和幸
著者のコラム一覧
井筒和幸映画監督

1952年12月13日、奈良県出身。県立奈良高校在学中から映画製作を始める。75年にピンク映画で監督デビューを果たし、「岸和田少年愚連隊」(96年)と「パッチギ!」(04年)では「ブルーリボン最優秀作品賞」を受賞。歯に衣着せぬ物言いがバラエティ番組でも人気を博し、現在は週刊誌やラジオでご意見番としても活躍中。

銀幕に存在感を焼き付けた純粋に欲どしい俳優・宍戸錠

公開日: 更新日:

 感謝します。宍戸錠さん、長い人生、ほんとにお疲れさまでした――。

 昭和の映画俳優が次々に世を去っていく。「わしは明石組の岩井や」の梅宮辰夫さんもそうだが宍戸さんも硬派の役者、いや、活動屋だった。日活の「殺しの烙印」(鈴木清順監督)なんてシュールな殺し屋の話など覚えてる人は少ないだろうな。1967年に主演したニューシネマだ。「仁義なき戦い・完結篇」でも広島やくざの組長を演じた。何役をやっても、個性をフル稼働させて、銀幕に存在感を焼き付けてみせる、純粋に欲どしい俳優だった。

 初めてご一緒したのは1989年、平成に変わった頃で、片岡鶴太郎が死刑囚役で主演したTBSの2時間ドラマだった。局の意向だから仕方なかったが、片岡鶴太郎などボクは実は役者とも思ってなくて「誰か気の許せる気さくな本物の映画俳優らしい人たちで脇役を固めてもらいたい。でないと落ち着いて撮る気がしないから」とプロデューサーに頼み、現場に来ていただいたのが宍戸さんだった。日活の「エースのジョー」がカメラの前に立ってくれるのがうれしくて、毎日の撮影が楽しかった。浅草あたりで夜のロケが終わると「カントクさ、渋谷行こうよ。俺の知ってる酒が飲めるうなぎ屋あんのよ」と誘ってくれた。横から、これまた大女優の淡路恵子姐さんから「なんでよ、私の身内がやってる六本木行こうよ。2人で行かなくたっていいじゃない」とアヤをつけられた。結局、3人で渋谷のスッポン屋に行って、それからバーに回った。酒好きな錠さんと聞いていたのに、映画の理論の話ばかりになり、「カントク、俺は今、日活時代の実録小説を考えてんだよ。必ず、3年後に仕上げっから」と真剣だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  2. 2

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  3. 3

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  4. 4

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

  5. 5

    視聴率急落のNHK「麒麟がくる」に安藤サクラ“緊急登板”説

  6. 6

    「麒麟がくる」大コケ予想で三谷幸喜にすがるNHKの哀れ

  7. 7

    千原せいじ消滅危機…2度の不倫疑惑でテレビ局「出禁」状態

  8. 8

    2.20が新型肺炎パンデミック節目 最大8200万人感染の恐怖

  9. 9

    杏にのしかかる東出不倫の代償5億円 映画再撮で離婚に拍車

  10. 10

    東出不倫騒動トバッチリなのに…桐谷健太が見せた“神対応”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る