「太神楽は外国人にも受ける伝統芸能。未来は明るい」

公開日: 更新日:

 太神楽はもともと神事芸能だったのが、寄席ができてから、曲芸だけ高座で演じられるようになり、色物として定着した。

「寄席は落語や漫才など聴いて楽しむ芸が多いので、太神楽のような見て楽しむ芸が珍重されるわけです。ただ、色物は客に受ければいいというもんじゃなくて、後に出る落語家さんにいい雰囲気で渡してあげる。役目はこれに尽きると思います。野球で言えば、中継ぎ投手ですね」

 確かに、色物は短い時間でつなぐワンポイントリリーフもあれば、長い時間やらざるを得ないロングリリーフもある。

「時間が押していて、前座さんから『短めにやって下さい』と言われるのはしょっちゅう。そういう場合はたとえ5分で下りても客には10分やったように思わせなくちゃいけない。反対に、トリの前のヒザ代わりで、トリの落語家の楽屋入りが遅れてて、それまでつながなくてはいけないこともあります。そこでは、やむを得ず延ばしてることを客に悟らせない。小仙親方はトリが遅れた際、1時間やってたのを見てます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  2. 2

    阪神の“藤浪コロナ”対応に他球団怒り心頭…開幕さらに窮地

  3. 3

    コロナ禍でもビーチで遊んでいた若者が…過ちに気づき懺悔

  4. 4

    国民は干上がる 瀬戸際、正念場が長期戦になった衝撃<上>

  5. 5

    藤浪と同席女性3人も陽性…阪神にコロナ感染者が出た必然

  6. 6

    悪事を重ねて栄転しよう!嘘は一度つくと止まらなくなるぞ

  7. 7

    節酒に禁煙…志村けんさんが8カ月前に語っていた健康管理

  8. 8

    志村けん感染ルートは特定困難…キムタク「BG」も厳戒態勢

  9. 9

    五輪延期とコロナ禍で泣く…ジャニーズと大御所芸人たち

  10. 10

    新型コロナ差別続出 田中・ダル・大谷は米国人の標的に?

もっと見る