歌舞伎とは違う「太神楽は努力が報われる仕事なんです」

公開日: 更新日:

 国が太神楽師を養成する制度があることは一般には知られていない。正式名称は「日本芸術文化振興会 国立劇場太神楽研修」。1995年秋から志望者を募集した。仙三郎は講師のひとりとして加わった。

「1期生は20人の応募者の中から10人選抜して、さらに3カ月後に適性検査で5人に絞りました。研修生には国から月に10万円の奨学金が支給されますが、3年間の研修修了後、最低2年は太神楽師をやらないと半額の180万円を返還しなきゃならない。税金を使わせてもらっているわけだから当然ですが」

 太神楽師養成に援助するとは、国も粋な計らいをするものだ。

「研修が始まって困ったのは、一門によって流儀が違うことです。撥の投げ方ひとつでも教え方が違うので、研修生が混乱しちゃう。そこで手書きの教科書を作って統一させました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  2. 2

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  3. 3

    Cocomiデビューも炎上 キムタク参画ではじく静香の皮算用

  4. 4

    昭恵夫人が“桜を見る会” 花見自粛要請中に私的開催の仰天

  5. 5

    中小企業を襲う“コロナ倒産ドミノ” 5月GWがタイムリミット

  6. 6

    コロナ禍でもビーチで遊んでいた若者が…過ちに気づき懺悔

  7. 7

    コロナ対策批判され「辞めたるわ」大阪・守口市長が暴言

  8. 8

    阪神藤浪コロナ感染で球界激震…4.24開幕ありきの自業自得

  9. 9

    「官邸官僚」の嘘と罪 ゲーム感覚で権力振るうモンスター

  10. 10

    徳井と田村の復帰成功の裏でツキにも見放された宮迫の悲哀

もっと見る