ジョン・チェスター監督「これからの農業は自然との共生」

公開日: 更新日:

 セカンドライフを考える中高年サラリーマンの憧れでもある帰農。農薬を一切使わずに挑戦して8年、「息をのむほど美しい」農場をつくり上げたアメリカの夫婦が世界的に評判だ。本業が“映像畑”で、ドキュメンタリー映画「ビッグ・リトル・ファーム 理想の暮らしのつくり方」を監督した夫ジョン・チェスター(48)に聞いた。

  ◇  ◇  ◇

――温暖化が進む環境といい、効率優先社会と逆行するような農業はまだ食べていけるのですか?

「もちろん。自然で栄養価の高い農作物は高いリターンがあり、私たちは通常の3倍もの利益を得ています。人気のたまごは50パックが1時間ほどで売り切れてしまうんですよ。そもそも、農業はまだ終わってないし、むしろ時代の最先端だと思っています。私たちはロス郊外の200エーカー(東京ドーム17個分)もの荒れ果てた土地を耕すことからはじめたのですが、土壌の有機物質が1%増えると、1エーカー分で実に21トンもの二酸化炭素を吸収する。温暖化にも打ち勝てます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  2. 2

    公務員はコロナ禍で収入が減る民間に合わせる気はないのか

  3. 3

    小池知事「3連休の怠慢」都内感染1000人超えはまさに人災

  4. 4

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  5. 5

    与野党の医師議員が“アベノマスクの乱” 政権の愚策に決起

  6. 6

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  7. 7

    桑子と和久田 NHK朝夜メインキャスター異例トレードの成果

  8. 8

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  9. 9

    藤浪トレード急加速 コロナ感染契機に他球団が再調査開始

  10. 10

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

もっと見る