上田まりえさん 日テレを辞めてバスケ観戦…3Pシュートを

公開日: 更新日:

 元日本テレビのアナウンサーの上田まりえさん(33)。現在は、「やりたいこと」のひとつである、ラジオのパーソナリティーとして活躍するが、近年はバスケットボールを見に行く日々で、全国の会場を制覇することと、自らもコートに立つ夢を抱いている。

  ◇  ◇  ◇

 高校の頃はテレビを見るよりラジオを聴く時間が長かったんです。アナウンサーになりたいと思ったきっかけのひとつがラジオです。4年前にアナウンサーを辞めたのは、いろいろとやりたいことがあったからで、その中にラジオパーソナリティーがありました。ラジオを、できれば死ぬまでやれたらと思っています。

 もうひとつ、好きな野球は以前から見に行っていましたが、近年はバスケットボールも大好きなんです。もともとスポーツ全般が好きで、バスケは2016年のBリーグ初年度から見ていましたが、この数年は週6で生放送の番組を担当していたので、なかなか観戦には行けませんでした。秋に土日の番組を卒業。「これでバスケに行ける!」と(笑い)。それ以降、土日は必ずバスケ観戦。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    30万円給付は7月? 安倍政権「コロナ補償」に悪評ふんぷん

  2. 2

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

  3. 3

    「スカーレット」“老け演技”で見せつけた俳優マギーの底力

  4. 4

    ドアノブや貨幣…物質表面でのウイルスの生存期間は?

  5. 5

    緊急経済対策 中小企業向け特別融資「貸し渋り」の実態

  6. 6

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  7. 7

    安倍首相「緊急事態宣言」なぜ国民の心に響かなかったのか

  8. 8

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  9. 9

    河井前法相が自ら20万円を 現職議員が“実弾”手渡せた理由

  10. 10

    まるで竹槍持たされて本土決戦に臨む戦争末期の日本と同じ

もっと見る