芸能人“薬物イニシャル報道”の是非 なぜ根強く存在する?

公開日: 更新日:

 歌手の槇原敬之容疑者(50)が覚醒剤取締法違反などの疑いで逮捕されてから、“次の逮捕者”をにおわせる記事が後を絶たない。

 2月27日発売の「女性セブン」は「紅白出場女性歌手 『薬物疑惑』浮上で徹底マークされている」と報じた。“衝撃スクープ”と書かれた記事を読むと、疑いが持たれているのは歌手のA。〈女性を中心に幅広い支持を集めている。切々とした歌い方でヒット曲も多く、代表曲はカラオケランキングで上位に入っている〉そうだ。

 他にも大御所バラエティータレントのB、大物男性歌手のC、オネエタレントのDも警視庁組織犯罪対策5課に疑いをかけられているらしい。一方、マトリ(厚労省地方厚生局麻薬取締部)は人気ハーフタレントをマークしているという。最近、別のネットニュースは「好感度の高いお笑いタレントX」の名前を挙げた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  2. 2

    阪神の“藤浪コロナ”対応に他球団怒り心頭…開幕さらに窮地

  3. 3

    コロナ禍でもビーチで遊んでいた若者が…過ちに気づき懺悔

  4. 4

    国民は干上がる 瀬戸際、正念場が長期戦になった衝撃<上>

  5. 5

    藤浪と同席女性3人も陽性…阪神にコロナ感染者が出た必然

  6. 6

    悪事を重ねて栄転しよう!嘘は一度つくと止まらなくなるぞ

  7. 7

    志村けん感染ルートは特定困難…キムタク「BG」も厳戒態勢

  8. 8

    節酒に禁煙…志村けんさんが8カ月前に語っていた健康管理

  9. 9

    五輪延期とコロナ禍で泣く…ジャニーズと大御所芸人たち

  10. 10

    新型コロナ差別続出 田中・ダル・大谷は米国人の標的に?

もっと見る