二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

福岡県出身。大学卒業後、「微笑」(祥伝社)の記者に。その後、「Emma」「週刊文春」(ともに文芸春秋)をはじめ、多くの週刊誌、スポーツ新聞で芸能分野を中心に幅広く取材、執筆を続ける。フリー転身後はコメンテーターとしても活躍。

TKO木下、ブルゾン、岡田結実…独立で迎える新たな試練

公開日: 更新日:

 3月は卒業の季節――。芸能界も卒業のように事務所退所者が相次いでいる。卒業は新たなステージへの旅立ち。前途洋々なはずだが、先行き不透明な退所者もいる。

 お笑いコンビTKOの木下隆行(48)は「会社や芸人仲間に迷惑をかけた」と申し出て「松竹芸能」を自主退所したが、「素行問題」で解雇との見方がされている。フリーの芸人で再出発になりそうだが、「名前だけで仕事を取れる芸人ではない」と、厳しい現実が待ち受けている。

 最近、退所者が目立つ事務所「オスカー」も昨年末の忽那汐里(27)に続き岡田結実(19)も退所する。理由は「仕事に対する方向性の違い」という。バラエティー中心の仕事ではなく女優業を優先したい岡田の決断だが、その背景にあるのが近年の若手女優の活躍。特にNHK「朝ドラ」は若手女優の登竜門的なドラマとして位置づけられている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    うがい薬で株価操縦か 吉村府知事にインサイダー疑惑浮上

  3. 3

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  4. 4

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  5. 5

    <2>本質はニュースキャスター 大局を見ることができない

  6. 6

    吉村府知事が招いたうがい薬パニック 品薄で医療団体激怒

  7. 7

    岸田里佳さん 特撮ヒロインは3カ国語話す日舞の師範名取に

  8. 8

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  9. 9

    時給は350円…下北沢LOFT店員時代のサザンは不人気だった

  10. 10

    カトパン結婚秒読みもNAOTOと破局 “賞味期限”アラート迫る

もっと見る