二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

福岡県出身。大学卒業後、「微笑」(祥伝社)の記者に。その後、「Emma」「週刊文春」(ともに文芸春秋)をはじめ、多くの週刊誌、スポーツ新聞で芸能分野を中心に幅広く取材、執筆を続ける。フリー転身後はコメンテーターとしても活躍。

復帰宣言が逆効果 チュート徳井が見落としてしまったこと

公開日: 更新日:

 昨年10月、申告漏れと所得隠しが発覚。自ら芸能活動を自粛していたチュートリアルの徳井義実が復帰宣言した。

 俳優や歌手は映画やコンサートで改めて宣言することもなく復帰を果たすことができる。テレビタレントとなると唐突に番組復帰は難しい。

「テレビ局も世間にはっきりケジメをつけてもらい、反応を見てから起用したいのが本音。不特定多数の人が見る番組では不快感を持つ人のクレームも避けたいし、スポンサーの事前の了承も必要になる」(民放関係者)

 そのため、タレントは世間に対してのケジメをつけるために策を練る。宮迫博之はユーチューブで謝罪して復帰。田村亮は相方・田村淳とのコンビでライブを復活の場とした。相次ぐ芸人仲間の復活に刺激を受けたように、徳井義実は旧知の芸能記者のインタビューで反省の弁を語り復帰宣言とした。

 三者三様の復帰模様。宮迫はユーチューバーとして面白映像を流しているが、縦横無尽にテレビで活躍してきただけに、現状を「イタイ」と感じる声も多く、反応はジリ貧状態。テレビ復帰はさらに遠のいたように見える。一方、亮は堅実さが功を奏した。相方のサポートもあり、早々にかつてのレギュラー番組「ロンドンハーツ」(テレビ朝日系)に4月からの復帰が決まった。真打ち登場となった徳井だが、使ったケジメのつけ方はもっとも古典的な方法。不祥事を起こしたタレントが復活をする場合、反省している姿をメディアでアピールする方法がよくあった。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    小栗旬が米国に再移住を決めた裏に…“大好きな先輩”西島秀俊の些細なひと言

    小栗旬が米国に再移住を決めた裏に…“大好きな先輩”西島秀俊の些細なひと言

  2. 2
    プロ注目左腕の京都国際・森下瑠大 初戦3回4失点KOにニンマリの球団

    プロ注目左腕の京都国際・森下瑠大 初戦3回4失点KOにニンマリの球団

  3. 3
    巨人球団ワースト記録更新の8本目“満塁本塁打病”…ベンチで真っ青なコーチ2人の名前

    巨人球団ワースト記録更新の8本目“満塁本塁打病”…ベンチで真っ青なコーチ2人の名前

  4. 4
    有田芳生氏「統一教会は毎月1億円の『対策費』で『政治の力』に頼った」

    有田芳生氏「統一教会は毎月1億円の『対策費』で『政治の力』に頼った」

  5. 5
    小栗旬が竹内涼真に御立腹…「小栗会」のパシリにご指名か

    小栗旬が竹内涼真に御立腹…「小栗会」のパシリにご指名か

  1. 6
    六平直政さん「オレの髪がフサフサだった頃、唐十郎さんと長男・義丹と伊豆で撮った1枚は…」

    六平直政さん「オレの髪がフサフサだった頃、唐十郎さんと長男・義丹と伊豆で撮った1枚は…」

  2. 7
    山田優は第4子出産でも辻希美「ママタレ女王」の座は奪えない…アンチの存在がネックに

    山田優は第4子出産でも辻希美「ママタレ女王」の座は奪えない…アンチの存在がネックに

  3. 8
    旧統一教会と対峙する弁護士・ジャーナリストが受けた嫌がらせ…無言電話や尾行だけじゃない

    旧統一教会と対峙する弁護士・ジャーナリストが受けた嫌がらせ…無言電話や尾行だけじゃない

  4. 9
    猛暑もぶっ飛ぶ人気の「ホラー映画」ベスト3…堂々トップは邦画の金字塔だった!

    猛暑もぶっ飛ぶ人気の「ホラー映画」ベスト3…堂々トップは邦画の金字塔だった!

  5. 10
    旧統一教会は大打撃…「安倍元首相銃撃事件」以降に被害相談爆増し“正体隠し”通用せず

    旧統一教会は大打撃…「安倍元首相銃撃事件」以降に被害相談爆増し“正体隠し”通用せず