二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

福岡県出身。大学卒業後、「微笑」(祥伝社)の記者に。その後、「Emma」「週刊文春」(ともに文芸春秋)をはじめ、多くの週刊誌、スポーツ新聞で芸能分野を中心に幅広く取材、執筆を続ける。フリー転身後はコメンテーターとしても活躍。

復帰宣言が逆効果 チュート徳井が見落としてしまったこと

公開日: 更新日:

 昨年10月、申告漏れと所得隠しが発覚。自ら芸能活動を自粛していたチュートリアルの徳井義実が復帰宣言した。

 俳優や歌手は映画やコンサートで改めて宣言することもなく復帰を果たすことができる。テレビタレントとなると唐突に番組復帰は難しい。

「テレビ局も世間にはっきりケジメをつけてもらい、反応を見てから起用したいのが本音。不特定多数の人が見る番組では不快感を持つ人のクレームも避けたいし、スポンサーの事前の了承も必要になる」(民放関係者)

 そのため、タレントは世間に対してのケジメをつけるために策を練る。宮迫博之はユーチューブで謝罪して復帰。田村亮は相方・田村淳とのコンビでライブを復活の場とした。相次ぐ芸人仲間の復活に刺激を受けたように、徳井義実は旧知の芸能記者のインタビューで反省の弁を語り復帰宣言とした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    出川哲朗とばっちり マリエの告発を“キャラ”で乗り切れる?

  3. 3

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  4. 4

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  5. 5

    加藤浩次に同情薄 自滅のラヴィットより“身内”にビクビク

  6. 6

    石原さとみ“引退説”一蹴 綾瀬はるか意識しベッドシーン?

  7. 7

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  8. 8

    マリエの枕営業告発が広がりに欠けるワケ…どうなる“第2R”

  9. 9

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  10. 10

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

もっと見る