TV界席巻した織田無道さん 余命1年と言われた末期がん告白

公開日: 更新日:

 “怪僧”といえば、世界史ならば帝政ロシアのラスプーチン。日本のテレビ界だとこの人、織田無道さん(67)を思い出す。90年代のオカルトブームの際は、水晶で霊視する霊能力僧として引っ張りだこだった。日刊ゲンダイでは6年前に取材しているが、さて今どうしているのか?

  ◇  ◇  ◇

「『余命1年。それどころか今日、明日死んでも不思議はない』と言われたのが2年前の6月でした。実は私、がんなんです。それも直腸、大腸、胃、腎臓、肝臓、肺と全身ががんだらけ。肺なんて25カ所目の転移ですからね。ステージ4? そんなもの、とっくに突き抜けてますよ」

 こう言うと、織田さんアッケラカンと笑った。だが、声にハリがない。痩せて見えるのは加齢だけではなかった。

「最初ね、右膝が痛くて歩きづらくなったから、かかりつけの病院で検査してもらったんです。その時は、『がんではありません』ってお墨付きをもらったのに、体調は悪くなる一方。それで大学病院でセカンドオピニオンしてもらったら、何のことはない。末期も末期、末期っ期だった。しかも、『手術も抗がん剤治療もやっても無駄。せいぜい数カ月延命できるかどうか……』って断言される始末」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小池氏圧勝に赤信号 都知事選にイケメン対抗馬で無風一変

  2. 2

    検察悩ます黒川氏賭けマージャン告発 不起訴なら非難囂々

  3. 3

    「ドクターX」制作未定 “ポスト米倉”は内藤剛志&金田明夫

  4. 4

    あとで困る?故人の銀行口座から貯金を引き出す際の注意点

  5. 5

    米倉涼子の大誤算…テレビ出演オファーはゼロで舞台に活路

  6. 6

    これぞ波瑠の神秘性?主演ドラマに不満アリも心はガッチリ

  7. 7

    解散・総選挙を打つ力もない安倍総理は早々に見限られる

  8. 8

    ぺこぱで話題“ノリツッコまない”漫才の元祖はダウンタウン

  9. 9

    派遣社員の雇い止めに続き 12月には正社員の解雇が本格化

  10. 10

    コロナ禍で会社の業務が縮小 再雇用「更新なし」に大慌て

もっと見る