「ごくせん」新シリーズ案 白石麻衣が“ヤンクミ”で調整か

公開日: 更新日:

 新型コロナウイルスの影響で放送延期が続くテレビ界で、その代替作品となった過去のドラマが大健闘をみせている。中でも6月3日、日本テレビ系「ハケンの品格」の代わりに放送された2002年のドラマ「ごくせん」の反響は想像以上のものがあった。12%台の高視聴率もさることながら、翌日から局には視聴者から「新しい『ごくせん』はいつですか?」といったリクエストが多く寄せられたという。

 仲間由紀恵(40)が主演し、嵐・松本潤(36)や小栗旬(37)が出演したシリーズ1の平均視聴率は23・5%を記録。続く赤西仁(35)と亀梨和也(34)が出演した05年のシリーズ2も平均で28・0%をマークした。

 テレビ業界の不況が叫ばれる中、日テレがまんまと“商機”を逃すわけがない。現場は08年以来となる「ごくせん」の新シリーズに向けて動きだしたという。とはいえ、年齢を重ねた松潤や小栗をそのまま再登場させるわけにもいかないので、生徒役のキャスティングを早々に始める必要がある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  2. 2

    尾身会長「系列病院」にコロナ患者受け入れ“後ろ向き”疑惑

  3. 3

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  4. 4

    吉岡里帆“貪欲さ”でアンチを味方に 沢尻エリカ逮捕が転機

  5. 5

    ステージ4が無実化…見捨てられた「緊急事態」5つの自治体

  6. 6

    前田敦子の全米進出に勝機 カギを握るは濃厚ベッドシーン

  7. 7

    危機感なき菅首相に尾身会長“ブチ切れ” 会見でアテこすり

  8. 8

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

  9. 9

    ジャニー喜多川氏のタイプはタッキー、東山、中居に分類

  10. 10

    吉村府知事また出たドヤ顔“妄言”「陽性者と感染者は違う」

もっと見る