二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

福岡県出身。大学卒業後、「微笑」(祥伝社)の記者に。その後、「Emma」「週刊文春」(ともに文芸春秋)をはじめ、多くの週刊誌、スポーツ新聞で芸能分野を中心に幅広く取材、執筆を続ける。フリー転身後はコメンテーターとしても活躍。

「悪役人生」全うした志賀勝さん 家では優しい父親だった

公開日: 更新日:

 4月に亡くなった俳優・志賀勝さん(享年78)はヤクザ役のプロだった。どうしたら本物のヤクザのような喧嘩の迫力を出せるかを実戦で学んだ。

「より本物に近づかないと深作(欣二)監督が使ってくれない。大部屋俳優の宿命だけど、仕事を取るためにみんな必死な時代だった。こんな怖い顔もつくったんだよ(笑い)」

 実際、「家庭では優しい夫で私の言うことは聞くし、娘には優しい父親ですよ」と奥さんは言う。

 一歩家を出れば、役作りのために喧嘩のシーンは実戦で学んだ。

「拓ボン(川谷拓三)なんか弱いのに自ら喧嘩相手を探して飲んでいた」

 仲間内での喧嘩を利用して悪さもした。

「タクシーに乗ると、相方と打ち合わせしていた通り、行き先地に近づくと、車内で喧嘩を始める。しまいに“表に出ろ”と車を止めさせ、外で殴り合い。日頃、訓練している寸止めだから、たいして痛くはない。運転手は本物のヤクザの喧嘩と思うのだろうね。怖くなって料金も取らず車を発進して逃げるわけ。乗り逃げやない。勝手に料金を取らなかっただけ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  2. 2

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  3. 3

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  4. 4

    レバノン大爆発…逃亡したゴーン被告に迫る深刻な危機

  5. 5

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  6. 6

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  7. 7

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  8. 8

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  9. 9

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

  10. 10

    これはやりすぎ…夫の浮気現場でCA妻が取った驚きの行動

もっと見る