ミスターマッスルでブレーク ランディ・マッスルさんの今

公開日: 更新日:

 タモリ司会の「笑っていいとも!」(フジテレビ系)が終了して6年。同番組は外国人タレントの登竜門の一面も持ち、人気者を数多く輩出した。本日登場の“ミスターマッスル”ことランディ・マッスルさん(53)もそのひとり。派手な短パンにランニングシャツ姿が懐かしい。さて、今どうしているのか?

  ◇  ◇  ◇

 都内・自由が丘。駅に隣接する自由が丘デパートにある芸能プロダクション「マッスルパワーズ」へ行くと、ランディさんがにこやかに迎えてくれた。

「ウチは、外国人俳優、タレント、モデルのキャスティング業務がメインで、会社設立から8年目。登録者数は1500人くらいです」

 他社との違いは?

「美人、イケメン、個性派ももちろんいますが、飛び抜けた才能を持っている人を積極的に採用してるのが特徴です。母国語の他に4カ国語、5カ国語を話せる人。また、プロ選手並みの身体能力の持ち主。信用のおける知人、友人からの紹介が大半で、時には直接スカウトすることも。なので、名刺は365日、肌身離さず持ってますよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  2. 2

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  3. 3

    「半沢直樹」新ステージは“vs東京乾電池”柄本明より注目は

  4. 4

    安倍首相の体調不良説に拍車 高級ジム滞在「3時間半」の裏

  5. 5

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

  6. 6

    コソコソ逃げる安倍首相は、なぜそんなに会見が嫌なのか?

  7. 7

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

  8. 8

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  9. 9

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  10. 10

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

もっと見る