人気レスラーだった安生洋二さんは串焼き店で“300%”奮闘中

公開日: 更新日:

 高田延彦率いるUWFでプロレスデビュー。90年代のプロレスブームの際は切り込み隊長として他団体のマットに参戦。ビッグマウスぶりから“Mr.200%”とも呼ばれた人気レスラーが安生洋二さんだ。その後、格闘技イベント「ハッスル」「PRIDE」でも活躍し、2015年3月19日に引退。さて、今どうしているのか?

  ◇  ◇  ◇

「いやー、新型コロナには本当に参ったよ。ウチの店も緊急事態宣言が出た翌4月8日から休業して、再開したのが6月1日。1カ月と3週間以上も休んじゃったから、まだペースがイマイチ掴みきれてないんだよね」

 東急田園都市線・用賀駅から徒歩4分。住宅街の飲食店ビル2階にある串焼き店「市屋苑」へ行くと、キャップをかぶった安生さんに迎えられた。

 カウンターとテーブルで約60席の店内は、ログハウス風のウッディーな内装だ。カウンター上のラックには魔王をはじめ各種焼酎が40種ほどズラリと並び、入り口そばのクーラーに日本酒の銘酒が約10本。飲んべえのハートをガッチリとロックオンしてくる。

「ここはUWFインターの取締役だった鈴木健オーナーが98年にオープンしてね。俺は6年前から働いてるんだよ。オススメ? 備長炭で焼くネック(1本130円)、チーズネック(同150円)、牛ハラミ(同240円)がベスト3。俺が仕込みをして、じっくり焼くから間違いなく200%、いや、300%ウマイ。アハハハ」

 休業前の客足は?

「減ったのを実感したのが3月後半ぐらいからで、4月に入って激減。10人を切る日もあったから、まあ最悪だったよ」

 平日は近隣に勤めるビジネスマン、週末は家族連れの比重が増すが、ともに足が遠のいたと言う。

「感染拡大防止のためだから休業はしょうがない。でも再開したからといって、以前の売り上げまで回復するのは当分先じゃないかなあ。企業や大学生の飲み会需要が見込めないのが、一番の不安材料だね」

 休業前はプロレス関係者が集まる店としてファンに知られていた。

「やっぱりUWFに縁があったレスラーが中心だけど、高田(延彦)さんは年に数回来るし、ほかにもちょくちょく顔を出してくれる。手がすいてれば、俺もフロアに出てプロレス談議したり写メ撮ったり、気楽な店だよ。今はできる限りの防止対策をしてるから安心して来て欲しいよね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    山口百恵から「ナオコさん、誰にも言わないでね…」と衝撃の告白

    山口百恵から「ナオコさん、誰にも言わないでね…」と衝撃の告白

  2. 2
    「三浦瑠麗」という虚像は需要と人選ミスが生んだ…最初からいかがわしかった

    「三浦瑠麗」という虚像は需要と人選ミスが生んだ…最初からいかがわしかった

  3. 3
    三浦瑠麗氏は夫の会社が訴えられ崖っぷち…テレビ地上波から追放危機、各界からも袋叩き

    三浦瑠麗氏は夫の会社が訴えられ崖っぷち…テレビ地上波から追放危機、各界からも袋叩き

  4. 4
    上田美由紀死刑囚が獄中死前に見せていた異変…文通を続けたライターに八つ当たり

    上田美由紀死刑囚が獄中死前に見せていた異変…文通を続けたライターに八つ当たり

  5. 5
    侍J宮崎合宿は大谷らメジャー選手全員不参加の危機…日本側が億単位の巨額保険料負担に

    侍J宮崎合宿は大谷らメジャー選手全員不参加の危機…日本側が億単位の巨額保険料負担に

  1. 6
    「飲みィのやりィのやりまくり…」高市早苗氏がブチまけていた“肉食自伝”の衝撃!

    「飲みィのやりィのやりまくり…」高市早苗氏がブチまけていた“肉食自伝”の衝撃!

  2. 7
    全国駅伝で一躍人気“スーパー中学生”ドルーリー朱瑛里 早くも心配なマスコミとファンの過熱

    全国駅伝で一躍人気“スーパー中学生”ドルーリー朱瑛里 早くも心配なマスコミとファンの過熱

  3. 8
    三浦瑠麗はバカとデマゴーグの「ハイブリッド型」 メディアはなぜ使い続けるのか

    三浦瑠麗はバカとデマゴーグの「ハイブリッド型」 メディアはなぜ使い続けるのか

  4. 9
    冬ドラマで残念な「大病院占拠」櫻井翔と「6秒間の軌跡」本田翼…新境地開拓には実力不足

    冬ドラマで残念な「大病院占拠」櫻井翔と「6秒間の軌跡」本田翼…新境地開拓には実力不足

  5. 10
    社民党・福島みずほ党首に上から目線 三浦瑠麗氏の発言に強烈な違和感

    社民党・福島みずほ党首に上から目線 三浦瑠麗氏の発言に強烈な違和感