碓井広義
著者のコラム一覧
碓井広義メディア文化評論家

1955年長野県生まれ。慶應義塾大学法学部政治学科卒業。千葉商科大学大学院政策研究科博士課程修了。博士(政策研究)。81年テレビマンユニオンに参加。以後20年、ドキュメンタリーやドラマの制作を行う。代表作に「人間ドキュメント 夏目雅子物語」など。慶應義塾大学助教授などを経て2020年3月まで上智大学文学部新聞学科教 授。専門はメディア文化論。著書に「倉本聰の言葉―ドラマの中の名言」ほか。

「私の家政夫ナギサさん」プロフェッショナルとは何か?

公開日: 更新日:

 先週、多部未華子主演「私の家政夫ナギサさん」が始まった。

 製薬会社のMR(営業担当)である相原メイ(多部)は、専業主婦に不満を持つ母親(草刈民代)の影響で「仕事がデキる女性」を目指して頑張ってきた。その結果、部屋の中は散らかり放題。食生活も最低だった。

 そんなメイを心配する妹の唯(趣里)が、家政夫の鴫野ナギサ(大森南朋)を送り込んでくる。ライバル会社の優秀なMR、田所(瀬戸康史)の出現でピンチに立たされたメイは、美しい室内とおいしい食事に癒やされつつも、自分の部屋に「おじさん」が出入りすることに抵抗感があり……。

 多部は、昨年夏の「これは経費で落ちません!」(NHK)に続き、ドンピシャの配役。28歳の働く独身女性のリアルを等身大で演じて完璧だ。また大森の「レジェンド家政夫」も堂に入ったもので、雇用主の喜ぶ顔を見るのが自身の喜びであることが伝わってくる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    うがい薬で株価操縦か 吉村府知事にインサイダー疑惑浮上

  3. 3

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  4. 4

    坂上忍では微妙…関西人が納得する上沼恵美子“後釜”の名前

  5. 5

    分科会に浮上「Go To トラベル」前倒し実施に重大瑕疵疑惑

  6. 6

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  7. 7

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  8. 8

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  9. 9

    東京都コロナ療養者が急増 最も深刻「ステージ4」に突入

  10. 10

    【Q】悪性腫瘍で心が乱れる毎日、穏やかに過ごすには?

もっと見る