碓井広義
著者のコラム一覧
碓井広義メディア文化評論家

1955年長野県生まれ。慶應義塾大学法学部政治学科卒業。千葉商科大学大学院政策研究科博士課程修了。博士(政策研究)。81年テレビマンユニオンに参加。以後20年、ドキュメンタリーやドラマの制作を行う。代表作に「人間ドキュメント 夏目雅子物語」など。慶應義塾大学助教授などを経て2020年3月まで上智大学文学部新聞学科教 授。専門はメディア文化論。著書に「倉本聰の言葉―ドラマの中の名言」ほか。

吉川晃司がハマり役「由利麟太郎」に足りないエロスと猟奇

公開日: 更新日:

 よくぞ原作として思いついたものだ。由利麟太郎は横溝正史が生み出した探偵だが、登場したのは金田一耕助より早く、戦前のことだ。今回の「探偵・由利麟太郎」では時代を昭和初期から現代に、舞台も東京から京都へと設定を移している。

 由利は元・警視庁捜査一課長にして犯罪心理学者。演じる吉川晃司のグレーがかった髪と黒のロングコートが渋カッコいい。助手の三津木(志尊淳)を従えて、等々力警部(田辺誠一)の捜査に協力していくのだが、そのちょっと浮世離れしたキャラクターが吉川によく似合う。はまり役だ。

 毎回、原作小説はあるものの、物語は大幅にアレンジされている。ただし、女性が事件に深く関わる点は共通だ。これまでに新川優愛や村川絵梨らが登場した。また殺される女性も多く、柳ゆり菜や阿部純子が美しき死体となってきた。

 このドラマで見るべきは、吉川の寡黙な探偵ぶりと昭和ミステリー風の謎解きである。ただ、全体がやや地味なことは否めない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  2. 2

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  3. 3

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  4. 4

    レバノン大爆発…逃亡したゴーン被告に迫る深刻な危機

  5. 5

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  6. 6

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  7. 7

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  8. 8

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  9. 9

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

  10. 10

    これはやりすぎ…夫の浮気現場でCA妻が取った驚きの行動

もっと見る