多部「ナギサさん」vs篠原「ハケン」働く女子に刺さるのは

公開日: 更新日:

 多部未華子(31)主演の連ドラ「私の家政夫ナギサさん」(TBS=火曜夜10時)が3カ月近く遅れて7月7日にスタート。世帯視聴率は14.2%と、好発進を見せた(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。

 この数字は、篠原涼子(46)主演の「ハケンの品格」(日本テレビ=水曜夜10時)の初回(6月17日放送)と同じだ。

「『ハケン』は2007年の放送時、平均20%超え。13年ぶりの続編で14.2%は、イマドキの視聴環境を考えたら、上出来といえます。だからこそ、同じ数字を出した『ナギサさん』は“金星”に等しい」(広告代理店関係者)

「ハケン」は07年放送の高視聴率を支えた層からの支持が加わっているぶん、有利。それと同じ数字を叩き出した「ナギサさん」は大成功ということか。

 その多部は、昨年7月期に主演した「これは経費で落ちません!」(NHK総合)でも“働く女子”の共感を獲得し、「30代になって可愛さを増した」(スポーツ紙芸能担当デスク)なんて評判だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  2. 2

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  3. 3

    「半沢直樹」新ステージは“vs東京乾電池”柄本明より注目は

  4. 4

    安倍首相の体調不良説に拍車 高級ジム滞在「3時間半」の裏

  5. 5

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

  6. 6

    コソコソ逃げる安倍首相は、なぜそんなに会見が嫌なのか?

  7. 7

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

  8. 8

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  9. 9

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  10. 10

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

もっと見る