並木まきさん 元“美人過ぎる市議”は超売れっ子ライターに

公開日: 更新日:

 いまやメディアで当たり前に使われるようになった「美人すぎる○○」というキャッチフレーズ。今回登場の並木まきさんは2007年、そのブームの火付け役となった「美人すぎる市議」のひとりとして、青森県八戸市議の藤川優里さんらとともに多くのメディアで注目を集めた。政治の舞台から身を引いて5年。今、何をしているのか?

  ◇  ◇  ◇

「こんにちは~、本日はよろしくお願いします」

 新型コロナウイルスの影響を考慮して、今回はオンラインでインタビュー取材。

 画面越しでもわかるツヤのある肌とほっそりしたフェースラインは、「美人すぎる」と話題になった議員時代と変わらない。若々しく知的なイメージのままだ。

 実は並木さん、議員を2期8年務めた後、本業ライターに転身。いまや多くの女性メディアで執筆する売れっ子なのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮本亞門さん「私が一番心配なのは国民の心が折れること」

  2. 2

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  3. 3

    小室圭さん不信を生んだ「婚約内定」発覚翌日の不可解行動

  4. 4

    台湾に激震!アストラゼネカ製ワクチン接種直後に36人死亡

  5. 5

    巨人あるか今季2度目の“粛清人事”…阪神に惨敗で3位に転落

  6. 6

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

  7. 7

    巨人66億円FA組と新助っ人総崩れ…原監督が引導渡される日

  8. 8

    眞子さま“10月婚”諦めず…小室さんとの新居購入が困難な訳

  9. 9

    熊田曜子の離婚は成立するのか?DVに詳しい弁護士に聞いた

  10. 10

    丸川五輪相“ああ勘違い”空回り 妄言連発に自民からも苦言

もっと見る