岸田里佳さん 特撮ヒロインは3カ国語話す日舞の師範名取に

公開日: 更新日:

「秘密戦隊ゴレンジャー」に始まり、現在放送中の「魔進戦隊キラメイジャー」まで45年にもわたって続いている特撮スーパー戦隊シリーズ。本日登場の岸田里佳さん(52)は、“戦うトレンディードラマ”とも呼ばれた第15作「鳥人戦隊ジェットマン」(91~92年)のヒロイン・ホワイトスワン役でブレークした。今、どうしているのか?

  ◇  ◇  ◇

「歌のタイトルが『大阪恋時雨』(天童よしみ)だから、指先は上から下へスーッと静かに一直線で。ヒラヒラさせると、木の葉か雪みたいでしょ……」

 都内・浅草公会堂。日舞・春謡流の稽古場へ行くと、岸田さんは男女の恋模様をつづる相舞踊の稽古の真っ最中だった。

 何度も家元のダメ出しが入り、そのたびに所作を修正しながら繰り返す。着物だけに、冷房が入っているのに耳元を汗が伝う。

「この8月29日、浅草公会堂で春謡流の公演を予定しているんです。本来は4月の予定でしたが、新型コロナの影響で順延。万全の注意を払い、人数制限やむなしで開催を目指しています」

 春謡流は、古典舞踊と歌謡曲にオリジナルの振り付けで踊る新舞踊の2本柱。岸田さんは「雪恋華」(市川由紀乃)、「恋は天下のまわりもの」(石川さゆり)など4曲を予定している。

「日舞を本格的に習い始めて27、28年になります。途中、ブランクがあったのですが、お教室を開ける師範名取の免状を持っています」

 着付けの資格も取得しており、着物関係の仕事のオファーもあるという。

 一方で、舞台女優としても3年ほど前から活動再開。

「それと特撮系のイベントですね。『ジェットマン』ブラックコンドル・若松俊秀さん、『光戦隊マスクマン』レッドマスクの海津亮介さんのイベント。15年ほど外国暮らしで日本にいなかったため、ファンの方々がすごく喜んで下さるんです」

 一昨年にゲスト出演した劇団「桃色旋風」(座長は「ゴレンジャー」ピンクの小牧りささん)の朗読会。北海道や関西からも熱烈なファンが集合し、それぞれ50人以上が並ぶほど大人気だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    テレ朝・玉川徹氏は鎮火せず、NHK解説委員・岩田明子氏の時は…番組発言“炎上騒動”の大違い

    テレ朝・玉川徹氏は鎮火せず、NHK解説委員・岩田明子氏の時は…番組発言“炎上騒動”の大違い

  2. 2
    ロシア下院議員が激怒! 「軍服150万人分消失」の怪事件はクーデターの予兆か

    ロシア下院議員が激怒! 「軍服150万人分消失」の怪事件はクーデターの予兆か

  3. 3
    今度は「安倍晋三記念紙幣」発行を求める文書が出回る…保守系や自民議員が発起賛同

    今度は「安倍晋三記念紙幣」発行を求める文書が出回る…保守系や自民議員が発起賛同

  4. 4
    復帰のレンドンは220億円の“不良債権” お粗末守備が来季の大谷とエンゼルス最大の障害に

    復帰のレンドンは220億円の“不良債権” お粗末守備が来季の大谷とエンゼルス最大の障害に

  5. 5
    大谷翔平の「貢献度」がジャッジよりも低く出る不公平なカラクリ 米紙記者が指摘

    大谷翔平の「貢献度」がジャッジよりも低く出る不公平なカラクリ 米紙記者が指摘

  1. 6
    HIS(上)ハウステンボス売却は“日米経済安保”に発展か…不動産取引の裏に隠された深刻事態

    HIS(上)ハウステンボス売却は“日米経済安保”に発展か…不動産取引の裏に隠された深刻事態

  2. 7
    近ツーの“PTA代行サービス”が好調 背景に「できれば引き受けたくない」親の究極の選択

    近ツーの“PTA代行サービス”が好調 背景に「できれば引き受けたくない」親の究極の選択

  3. 8
    萩生田政調会長はまるで旧統一教会の“番犬”…「解散請求」を阻む嘘とゴマカシ

    萩生田政調会長はまるで旧統一教会の“番犬”…「解散請求」を阻む嘘とゴマカシ

  4. 9
    巨人原監督の続投は“消去法”…契約は「監督として3年」ではなく「球団と3年」の裏事情

    巨人原監督の続投は“消去法”…契約は「監督として3年」ではなく「球団と3年」の裏事情

  5. 10
    日本ハム近藤健介FA宣言なら争奪戦確実! あるのか巨人得意の“後出しじゃんけん”

    日本ハム近藤健介FA宣言なら争奪戦確実! あるのか巨人得意の“後出しじゃんけん”