ダンカン
著者のコラム一覧
ダンカンお笑いタレント・俳優・放送作家・脚本家

本名・飯塚実。1959年、埼玉県毛呂山町生まれ。落語家を目指し立川談志に弟子入り。「立川談かん」として活動した後、たけし軍団入り。お笑いタレント、俳優、放送作家、脚本家と多才で、現在はTAPの専務取締役。

食い放題の焼き肉で相撲取りに間違えられたグレート義太夫

公開日: 更新日:

 クルクルクル~、カラ~ン!! 俺の人生ルーレットが止まったぞ~! えっ、なんだこの町は? 丁髷の大男がジャージー姿で八百屋で買い物してるぞ? あ、あそこに自転車に乗った大男の丁髷が! おっと銭湯に入ったら湯船から丁髷頭が~。しかも、プ~ンと鬢付け油(相撲取りが髪を固める独特の香りが漂う整髪料みたいなモノ)のにおいが流れてきてるよ~!

 そーか、ここぞまさしく90年代前半、あの日本中を大相撲の「若貴ブーム」に巻き込んだ、その若花田と貴花田(後の若乃花、貴乃花)兄弟がいる二子山部屋(後に藤島部屋や貴乃花部屋などと呼称される)のあった中野新橋なのだ。ちなみに、部屋と俺の家は徒歩で5分もかからない距離にあったのだった。

 若貴はもちろん、あの頃は同じ部屋に大関になる貴ノ浪はいるわ、人気と実力を備えた安芸乃島や貴闘力などなどワンサカいて、そりゃわが町の空気はデブ(失礼)のせいで薄くなっていたのだ。そんなデブ(失礼)の町の中に2人の肩身が狭いデブ(こちらは失礼ではない!!)が存在していたのです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    読売テレビ解説委員長の痛烈な「小室圭さん批判」はなぜ急に鳴りを潜めたのか(成城大学教授・森暢平)

    読売テレビ解説委員長の痛烈な「小室圭さん批判」はなぜ急に鳴りを潜めたのか(成城大学教授・森暢平)

  2. 2
    “やらかし”甘利幹事長 衆院解散直後のぶら下がり中継で野党「先制口撃」の大失敗!

    “やらかし”甘利幹事長 衆院解散直後のぶら下がり中継で野党「先制口撃」の大失敗!

  3. 3
    岸田首相の不人気、野党一本化加速で大苦戦 衆院選「落選危機の与党大物21人」リスト

    岸田首相の不人気、野党一本化加速で大苦戦 衆院選「落選危機の与党大物21人」リスト

  4. 4
    匿名ツイアカ「Dappi」に新疑惑! 運営法人の取引先企業幹部に岸田首相、甘利幹事長の名前

    匿名ツイアカ「Dappi」に新疑惑! 運営法人の取引先企業幹部に岸田首相、甘利幹事長の名前

  5. 5
    おぼん・こぼん仲直りで再ブレーク!陰の立役者は「浅草芸人」案内役のナイツ

    おぼん・こぼん仲直りで再ブレーク!陰の立役者は「浅草芸人」案内役のナイツ

もっと見る

  1. 6
    石川遼はどう聞く?ベン・ホーガンの「不振は髪を伸ばしているからだ」

    石川遼はどう聞く?ベン・ホーガンの「不振は髪を伸ばしているからだ」

  2. 7
    懲りない東出昌大また新恋人との“公私混同”バレ自爆…共演NG女優が今後続出すると評論家

    懲りない東出昌大また新恋人との“公私混同”バレ自爆…共演NG女優が今後続出すると評論家

  3. 8
    “プロアイドル”宮脇咲良が本格ブレークの兆し 韓国ではNiziUより人気者

    “プロアイドル”宮脇咲良が本格ブレークの兆し 韓国ではNiziUより人気者

  4. 9
    巨人泥沼8連敗、貯金ゼロでも原監督は「続投」なのか…慎之助に帝王学伝授とは笑止千万

    巨人泥沼8連敗、貯金ゼロでも原監督は「続投」なのか…慎之助に帝王学伝授とは笑止千万

  5. 10
    国民から期待されない岸田内閣、参院静岡補選で「黄信号」野党自滅で楽勝のはずが…

    国民から期待されない岸田内閣、参院静岡補選で「黄信号」野党自滅で楽勝のはずが…