ダンカン
著者のコラム一覧
ダンカンお笑いタレント・俳優・放送作家・脚本家

本名・飯塚実。1959年、埼玉県毛呂山町生まれ。落語家を目指し立川談志に弟子入り。「立川談かん」として活動した後、たけし軍団入り。お笑いタレント、俳優、放送作家、脚本家と多才で、現在はTAPの専務取締役。

食い放題の焼き肉で相撲取りに間違えられたグレート義太夫

公開日: 更新日:

 クルクルクル~、カラ~ン!! 俺の人生ルーレットが止まったぞ~! えっ、なんだこの町は? 丁髷の大男がジャージー姿で八百屋で買い物してるぞ? あ、あそこに自転車に乗った大男の丁髷が! おっと銭湯に入ったら湯船から丁髷頭が~。しかも、プ~ンと鬢付け油(相撲取りが髪を固める独特の香りが漂う整髪料みたいなモノ)のにおいが流れてきてるよ~!

 そーか、ここぞまさしく90年代前半、あの日本中を大相撲の「若貴ブーム」に巻き込んだ、その若花田と貴花田(後の若乃花、貴乃花)兄弟がいる二子山部屋(後に藤島部屋や貴乃花部屋などと呼称される)のあった中野新橋なのだ。ちなみに、部屋と俺の家は徒歩で5分もかからない距離にあったのだった。

 若貴はもちろん、あの頃は同じ部屋に大関になる貴ノ浪はいるわ、人気と実力を備えた安芸乃島や貴闘力などなどワンサカいて、そりゃわが町の空気はデブ(失礼)のせいで薄くなっていたのだ。そんなデブ(失礼)の町の中に2人の肩身が狭いデブ(こちらは失礼ではない!!)が存在していたのです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    岡村隆史の結婚秘話「相手はあの子」NSC時代の恩師明かす

  2. 2

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  3. 3

    給付金に文句の麻生氏“10万円超”飲食73回の異常な金銭感覚

  4. 4

    岡村隆史“奇跡のV字回復”なのに 新妻をひた隠しにするワケ

  5. 5

    田澤指名漏れの衝撃…背景に米国も呆れたNPBの“島国根性”

  6. 6

    菅首相が所信表明で言い間違い連発…予算委“火だるま”必至

  7. 7

    案里被告を保釈して大丈夫なのか…過去に全裸や救急搬送も

  8. 8

    11月1日廃止されるのは大阪市ではなく民主主義ではないか

  9. 9

    田中みな実“低身長”発言が物議…153cmは女優の武器に?

  10. 10

    近大・佐藤1位指名も阪神育成ベタ…よぎる“藤浪の二の舞”

もっと見る