てれびのスキマ 戸部田誠
著者のコラム一覧
てれびのスキマ 戸部田誠ライタ―

1978年福岡県生まれ、静岡育ち。福島在住の会社員時代、お笑い、格闘技、ドラマなどをこよなく愛する〝テレビっ子〟をこじれせ、「てれびのスキマ」というブログを開始。その独特な観察眼が水道橋博士などに評価され、新進気鋭のテレビライターとなる。「タモリ学 タモリにとって『タモリ』とは何か?」(イースト・プレス)、「コントに捧げた内村光良の怒り」(コア新書)など著書多数。

完成度より「一発勝負」の勢いが大事 木梨憲武の芸論

公開日: 更新日:

「やりすぎちゃうんですよ。やりすぎ注意なんですよね」(木梨憲武/NHK「林家正蔵の演芸図鑑」10月4日放送)

 対談相手の林家正蔵に、歌のうまさを褒められた木梨憲武(58)は、歌はうまさよりも「どれだけ伝えられるか」だと北島三郎に教わったと語る。「一軍でがんばってるアーティストたち、売れてる方たちは、なんらかの伝え方が強いです。『木梨、伝えろよぉ』」と北島のモノマネを交えて語る。その上で話した木梨の芸論が今週の言葉だ。

「絵を描いててもどこでやめていいか、が。子供たちもそうです。子供の手を取らないと、最後、子供たちぐちゃぐちゃにしちゃいますよね。子供たちがガーッと描いた時に、ウワーッとエネルギーを感じたときに、そこでとって飾れば、すごい作品だと私は思っております。自分に置き換えると、どこがやめどきなんだ、どこまで行けばいいんだっていうのが、きっと、歌も一緒なんじゃないでしょうか」と続けた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    元恋人マッチは不倫…ファンも案じる中森明菜の“現在地”

  4. 4

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  5. 5

    巨人菅野の米移籍先はココで!メジャー通2人が勧める4球団

  6. 6

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  7. 7

    近藤真彦は「裸の王様」不倫で絶たれた“還暦アイドル”の道

  8. 8

    ヤクルト山田“残留”の代償…エース流出不可避で来季も苦境

  9. 9

    石川に千賀…好投手が続々出てくるソフトBの若手育成術

  10. 10

    松坂大輔と斎藤佑樹が一軍登板ゼロでもクビにならない事情

もっと見る