桧山珠美
著者のコラム一覧
桧山珠美コラムニスト

大阪府大阪市生まれ。出版社、編集プロダクションを経て、フリーライターに。現在はTVコラムニストとして、ラジオ・テレビを中心としたコラムを執筆。放送批評誌「GALAC」に「今月のダラクシー賞」を長期連載中。

R-1は今回もコンビの片割れ優勝 もう1人はどうしている?

公開日: 更新日:

 ピン芸人ナンバーワンを決める「R-1ぐらんぷり」。昨年の優勝者・霜降り明星粗品もそうだが、本来はコンビで活動している片割れが出場することも多い。相方がいる芸人は厳密にはピン芸人ではない……などと疑問に思いながら見ていたら優勝者マヂカルラブリー野田クリスタルもコンビの片割れだった。

 片割れは何をしているのか、素朴な疑問が湧く。

 そのR-1のMCを務めたのが雨上がり決死隊の片割れ、蛍原徹。そもそもこの人、性格はよさそうだが、ピンでは物足りない。片や、相方の宮迫博之は闇営業問題で謹慎してやっとYouTubeで復帰したが、まだまだテレビにはお呼びがかからない状態。

 チュートリアルはどうか。先ごろ所得隠しの徳井義実は復帰。では、相方の福田充徳はというと存在感の差は比べるまでもない。世間では「じゃないほう芸人」などと呼ぶ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  3. 3

    菅首相にバイデン“塩対応”…五輪は「開催努力」支持どまり

  4. 4

    松山は偉業達成も…ちょっと残念だった日本語優勝スピーチ

  5. 5

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  6. 6

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  7. 7

    小池知事の無策が招くGW明け新規感染3800人の最悪シナリオ

  8. 8

    ダウンタウン浜田雅功がアラ還にして成功した"可愛い戦略"

  9. 9

    日米首脳会談“台湾問題”中国激怒で打撃を受けかねない14社

  10. 10

    習近平はヒトラーになるのか 中国の自信はファシズムの萌芽

もっと見る