田中幾太郎
著者のコラム一覧
田中幾太郎ジャーナリスト

1958年、東京都生まれ。「週刊現代」記者を経てフリー。医療問題企業経営などにつ いて月刊誌や日刊ゲンダイに執筆。著書に「慶應幼稚舎の秘密」(ベスト新書)、 「慶應三田会の人脈と実力」(宝島新書)「三菱財閥 最強の秘密」(同)など。

おでん屋でコップ酒は演出…一滴も飲めなかった古関裕而

公開日: 更新日:

 ようやく、「エール」本編の放送が9月14日に再開されると発表された。やきもきしていた朝ドラファンにとって朗報だが、その穴を埋めてきた再放送シリーズも佳境に入っている。8月20日からの第10週では、古山裕一(窪田正孝)が作曲した「船頭可愛いや」を双浦環(柴咲コウ)が歌いヒット。古山の妻・音(二階堂ふみ)が妊娠・出産。小山田耕三(志村けん)も登場と、盛りだくさんの週だ。

 さて今回は、作詞家として大成することを夢見て福島から上京した村野鉄男(中村蒼)がおでん屋を始めるくだりにスポットを当ててみたい。そのモデルである野村俊夫も実際におでん屋を開いている。

東京に出れば、作詞家への道が開けると安易に考えていた野村だが、そんなに甘くはなかった。古山裕一のモデル・古関裕而とのコンビでつくった「福島行進曲」はレコード化されたものの、ほとんど売れなかった。そのため、古関がいた日本コロムビアの専属にはなかなかなれず、当面は別の仕事で食いぶちを確保しなければならなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    NY州の資格持つ日本人弁護士「小室圭さんが働きながら勉強していても上司は大目に見てくれない」

    NY州の資格持つ日本人弁護士「小室圭さんが働きながら勉強していても上司は大目に見てくれない」

  2. 2
    「眞子さまの乱」(20年11月)は国民の常識の一歩も二歩も前を行っていた

    「眞子さまの乱」(20年11月)は国民の常識の一歩も二歩も前を行っていた

  3. 3
    シートベルト着用が致命傷の盲点に…後部座席の警察官が内臓破裂で死亡

    シートベルト着用が致命傷の盲点に…後部座席の警察官が内臓破裂で死亡

  4. 4
    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  5. 5
    鬼束ちひろ容疑者“お騒がせ歌姫”奇行の果て…救急車を蹴飛ばし現行犯逮捕→薬物検査の衝撃

    鬼束ちひろ容疑者“お騒がせ歌姫”奇行の果て…救急車を蹴飛ばし現行犯逮捕→薬物検査の衝撃

もっと見る

  1. 6
    反共発言を繰り返す芳野友子・連合会長は「与党が仕掛けたトロイの木馬」 ネットに呆れる声

    反共発言を繰り返す芳野友子・連合会長は「与党が仕掛けたトロイの木馬」 ネットに呆れる声

  2. 7
    前田敦子の泥酔騒動…話題の“個室合コン現場”は凄かった

    前田敦子の泥酔騒動…話題の“個室合コン現場”は凄かった

  3. 8
    “奇行歌姫”鬼束ちひろ起用で早くも話題 来年公開の「トリック劇場版」

    “奇行歌姫”鬼束ちひろ起用で早くも話題 来年公開の「トリック劇場版」

  4. 9
    秋篠宮家への逆風再び…悠仁さま「超進学校」への入学は“特別扱い”なのか

    秋篠宮家への逆風再び…悠仁さま「超進学校」への入学は“特別扱い”なのか

  5. 10
    大麻逮捕の元HKT谷口愛理 脱退後の“ギャル”激変とワル素顔

    大麻逮捕の元HKT谷口愛理 脱退後の“ギャル”激変とワル素顔