乃木坂46×小室哲哉「Route 246」に賛否 秋元康が描く戦略

公開日: 更新日:

 2018年1月に引退を表明した音楽プロデューサーの小室哲哉(61)が手掛けた新曲「Route 246」が賛否を巻き起こしている。乃木坂46の新曲として7月24日に配信リリースされ、告知用のYouTubeはすでに130万回近い再生数を記録した。4分弱からなる「Route 246」はイントロの電子音に始まり往年のglobeを彷彿とさせる。

 この“TKサウンド”は令和を生きる若者には「新鮮」に聴こえるようだ。投稿サイトには〈乃木坂はかわいい振り付けと可愛い歌よりもこういうカッコいいダンス曲の方がいい〉〈小室さん知らないけどすごく耳に残る音楽〉というコメントが寄せられた。今回、同曲のセンターを務める齋藤飛鳥(21)は「小室さんの曲が好きなんです」と明かしており、小室の全盛期をリアルで知らない若いファンにも“TKサウンド”が一定の支持を得ていることが分かる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    うがい薬で株価操縦か 吉村府知事にインサイダー疑惑浮上

  3. 3

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  4. 4

    <2>本質はニュースキャスター 大局を見ることができない

  5. 5

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  6. 6

    吉村府知事が招いたうがい薬パニック 品薄で医療団体激怒

  7. 7

    岸田里佳さん 特撮ヒロインは3カ国語話す日舞の師範名取に

  8. 8

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  9. 9

    カトパン結婚秒読みもNAOTOと破局 “賞味期限”アラート迫る

  10. 10

    時給は350円…下北沢LOFT店員時代のサザンは不人気だった

もっと見る