てれびのスキマ 戸部田誠
著者のコラム一覧
てれびのスキマ 戸部田誠ライタ―

1978年福岡県生まれ、静岡育ち。福島在住の会社員時代、お笑い、格闘技、ドラマなどをこよなく愛する〝テレビっ子〟をこじれせ、「てれびのスキマ」というブログを開始。その独特な観察眼が水道橋博士などに評価され、新進気鋭のテレビライターとなる。「タモリ学 タモリにとって『タモリ』とは何か?」(イースト・プレス)、「コントに捧げた内村光良の怒り」(コア新書)など著書多数。

小さなことを気にした光浦靖子が選んだ小さな夢を追う人生

公開日: 更新日:

「日々楽しく生きることが、前よりは上手になりました」(光浦靖子/テレビ朝日「徹子の部屋」6月23日放送)

 ◇  ◇  ◇

 4月からカナダのバンクーバーに留学予定だったものの、コロナ禍の影響でそれがかなわなかったオアシズの光浦靖子(49)。それまで住んでいたマンションも退去手続きを済ませてしまったため、妹夫婦の家に居候していた。そんな彼女が語った言葉を今週は取り上げたい。

 妹夫婦と暮らす中で「日々がこんなに過ぎていくんだと思って。時は流れるのだ、毎日朝が来るんだ」(フジテレビ「ボクらの時代」20年5月17日)と改めて感じたという。「子育てってホントに大変だと思った。時間も気持ちも全部取られてしまって、本当に忙しいんだ」とも。

 自分は独り身だったから時間があった。だから普通なら見過ごしている「小さなことを」をいちいち「これってどういうこと?」と、大きくして悩んだり、怒りに変えてしまっていたんじゃないかと。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  2. 2

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  3. 3

    「半沢直樹」新ステージは“vs東京乾電池”柄本明より注目は

  4. 4

    安倍首相の体調不良説に拍車 高級ジム滞在「3時間半」の裏

  5. 5

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

  6. 6

    コソコソ逃げる安倍首相は、なぜそんなに会見が嫌なのか?

  7. 7

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

  8. 8

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  9. 9

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  10. 10

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

もっと見る