天童よしみさん憧れたジュリー「いつか私もステージに」

公開日: 更新日:

ザ・タイガース「銀河のロマンス」

「珍島物語」「道頓堀人情」で知られる天童よしみさんは、2019年まで紅白歌合戦に24回出場している人気歌手。紅白では美空ひばりの「川の流れのように」「愛燦燦」などを歌ったこともあり、昨年は「AI美空ひばり」の振り付けも担当して話題になった。そんな歌姫が影響を受けたのはザ・タイガースのジュリーだ。

 ◇  ◇  ◇

 子供の頃からのど自慢に出たり、オーディションを受けたりして小学校の5、6年までは演歌ばかり歌っていました。特に、畠山みどりさんの歌でしたね。それが、中学になってガラッと変わりました。昭和40年代前半は、グループサウンズが大ブーム。友達がそれぞれのグループの熱狂的な追っかけになった。私はジュリー一本でした。

 当時、映画「ザ・タイガース 世界はボクらを待っている」が封切られたのですが、友達12人と大阪・梅田の映画館に見に行きました。その中で歌われていたのが「銀河のロマンス」です。銀河にシルビーという名のお姫さまがいて地球でジュリーと巡り合い、ロマンスが芽生えるけど、月に帰っていかなければならないという、かぐや姫みたいな物語です。出だしは「銀河にうかべた 白い小舟」で、「シルビー・マイ・ラブ」のフレーズが繰り返されます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ローン3億6千万円…海老蔵は麻央さんと思い出の豪邸売却へ

  2. 2

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    小池知事よこしまな思惑 宣言“期間設定”背景にバッハ会長

  5. 5

    「バッハさん東京に来ないで!」小池知事が白旗を上げる日

  6. 6

    ファイザーと合意書を交わしたわけではない?子供の使い?

  7. 7

    変異株の学校クラスター 豊中の小学校“陽性率1.5%”の衝撃

  8. 8

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  9. 9

    “株式会社TOKIO社長”城島茂の25歳妻インスタにファン騒然

  10. 10

    吉村氏言い訳に躍起 2月変異株確認も早期宣言解除を正当化

もっと見る