荒木経惟
著者のコラム一覧
荒木経惟写真家

1940年、東京生まれ。千葉大工学部卒。電通を経て、72年にフリーの写真家となる。国内外で多数の個展を開催。2008年、オーストリア政府から最高位の「科学・芸術勲章」を叙勲。写真集・著作は500冊以上。最新刊に傘寿記念の書籍「荒木経惟、写真に生きる。荒木経惟、写真に生きる。 (撮影・野村佐紀子)

<13>勘三郎さんとはすごく通じ合っていたような気がするね

公開日: 更新日:

 勘三郎さんを初めて撮ったのは浅草で、「平成中村座」で『法界坊』を演るときなんだ。あれから20年が経つんだねぇ。勘三郎さんとは、気持ちがすごく通じあってね、好きだったねぇ~。そのときは勘九郎だったけどね。今度、浅草に「平成中村座」をつくって『法界坊』を演るからって、俺を存分に引きだすのは荒木だって言ってくれてさ。ご指名されるのが一番嬉しいことなんだよ。勘三郎さんの他の演目も撮ったけど、最初が『法界坊』なんだ。(2000年、中村勘九郎〔05年に勘三郎を襲名〕が隅田公園の「平成中村座」にて歌舞伎公演『法界坊』を上演するにあたり、勘九郎と浅草界隈を歩きまわり撮影した)

 嬉しかったね。引っ張り回してくれたもんな。いろんな場所で撮ったんだよ。松竹の担当者がね、後ろでヒヤヒヤしてんだ。浅草寺に行ったら、ちょうど巫女さんがいてね、一緒に撮ってさ。二人とも思っているからね、「(巫女さんの装束の)赤いあれ、まくっちゃおうかなあ」って(笑)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は思考停止か…巨人崖っぷち3連敗招いた不可解采配

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    稀勢の里は「激励」止まりも…白鵬と鶴竜が「注意」の理由

  4. 4

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  5. 5

    “桜疑惑”突然の捜査…安倍応援団「菅首相裏切り」への疑心

  6. 6

    原監督が「巨人不利」でも日本S全戦DHを受け入れた胸算用

  7. 7

    巨人ぶざまな日本S敗退でコーチ粛清…元木&宮本“詰め腹”も

  8. 8

    世界にたった100台…3.5億円“幻の名車”が一瞬にしてクズに

  9. 9

    大阪府コロナ死の8割超は重症者にあらず 衝撃の調査結果!

  10. 10

    桑子真帆フリー転身は「嘘八百」紅白と“生涯年収”が裏付け

もっと見る