和田アキ子が飲み会自粛で毒舌もキレなし…わだ家も閉店

公開日: 更新日:

「最近のアッコさんを象徴しているような感じもするんですよねえ」と声を潜めて話すのは、芸能ライターの吉崎まもる氏。

「アッコさん」とはもちろん、“芸能界のご意見番”和田アキ子(70)のことだ。

 その和田がプロデュースした和食店「お菜屋 わだ家」東京西麻布店が10月25日で営業を終了するという“お知らせ”が出たのが9月16日のこと。

「さすがのゴッドねえちゃんもコロナ禍には勝てなかったということでしょうか。11月4日に通りすがりに見た時には、わだ家があったところにはすでに何かの工事が入っていましたね。14年も続いた店だけに残念というか、大して話題にもならないことが寂しいというか」と、ある芸能プロ関係者はため息をつく。

 和田と言えば、「週刊女性」恒例の嫌いな女性芸能人ランキングで、昨年に続いて今年も、泉ピン子(73)を押さえて堂々の1位に。「嫌われようが何だろうが、芸能人は目立ってナンボ。それだけまだ存在感がある証拠でしょう」(制作会社スタッフ)なんて声もあるが、その一方で、このコロナ禍で「ご意見番としての精彩も欠いて、存在感が薄くなってきています」と前出の芸能プロ関係者は、こう続ける。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

  2. 2
    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

  3. 3
    自民議連が目指す郵政民営化改正案の“真の狙い”…郵便料金30年ぶり値上げの先にあるもの

    自民議連が目指す郵政民営化改正案の“真の狙い”…郵便料金30年ぶり値上げの先にあるもの

  4. 4
    粗品に続き鈴木おさむも…“キムタクいじり”が止まらないのは事務所の力が弱まったから?

    粗品に続き鈴木おさむも…“キムタクいじり”が止まらないのは事務所の力が弱まったから?

  5. 5
    「男の器量」は不倫がバレた時にわかる…声優・古谷徹(70)の場合はどうか?

    「男の器量」は不倫がバレた時にわかる…声優・古谷徹(70)の場合はどうか?

  1. 6
    大谷翔平の怒りは収まらず…日テレ&フジ「自宅空撮」で“ドジャース出禁”のその後

    大谷翔平の怒りは収まらず…日テレ&フジ「自宅空撮」で“ドジャース出禁”のその後

  2. 7
    キャリアの分岐点になった移籍の選択…名門パリSG、年俸倍額提示した独クラブのオファーを蹴った

    キャリアの分岐点になった移籍の選択…名門パリSG、年俸倍額提示した独クラブのオファーを蹴った

  3. 8
    松岡茉優が三浦春馬との共演から3年で手に入れた鬼気迫る"暗い演技” 「最高の教師」大健闘

    松岡茉優が三浦春馬との共演から3年で手に入れた鬼気迫る"暗い演技” 「最高の教師」大健闘

  4. 9
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 10
    鈴木京香が4億円を投じた解体寸前の歴史的建造物…あえて私邸として使わないワケ

    鈴木京香が4億円を投じた解体寸前の歴史的建造物…あえて私邸として使わないワケ