和田アキ子が飲み会自粛で毒舌もキレなし…わだ家も閉店

公開日: 更新日:

「最近のアッコさんを象徴しているような感じもするんですよねえ」と声を潜めて話すのは、芸能ライターの吉崎まもる氏。

「アッコさん」とはもちろん、“芸能界のご意見番”和田アキ子(70)のことだ。

 その和田がプロデュースした和食店「お菜屋 わだ家」東京西麻布店が10月25日で営業を終了するという“お知らせ”が出たのが9月16日のこと。

「さすがのゴッドねえちゃんもコロナ禍には勝てなかったということでしょうか。11月4日に通りすがりに見た時には、わだ家があったところにはすでに何かの工事が入っていましたね。14年も続いた店だけに残念というか、大して話題にもならないことが寂しいというか」と、ある芸能プロ関係者はため息をつく。

 和田と言えば、「週刊女性」恒例の嫌いな女性芸能人ランキングで、昨年に続いて今年も、泉ピン子(73)を押さえて堂々の1位に。「嫌われようが何だろうが、芸能人は目立ってナンボ。それだけまだ存在感がある証拠でしょう」(制作会社スタッフ)なんて声もあるが、その一方で、このコロナ禍で「ご意見番としての精彩も欠いて、存在感が薄くなってきています」と前出の芸能プロ関係者は、こう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    (2)日本の新幹線は「世界で最も安全で最高の技術」と、値引きに一切耳を貸さず

    (2)日本の新幹線は「世界で最も安全で最高の技術」と、値引きに一切耳を貸さず

  2. 2
    退社発表の日テレ桝太一アナに「やっぱりね」の声 隠しきれなかった博識エピソード

    退社発表の日テレ桝太一アナに「やっぱりね」の声 隠しきれなかった博識エピソード

  3. 3
    欧州で広がる“ステルスオミクロン株”すでに日本でも…間髪入れず2月「第7波」の可能性

    欧州で広がる“ステルスオミクロン株”すでに日本でも…間髪入れず2月「第7波」の可能性

  4. 4
    和田アキ子が冠番組で大ポカ…晩節汚し石田純一の二の舞に

    和田アキ子が冠番組で大ポカ…晩節汚し石田純一の二の舞に

  5. 5
    石田純一「3億円豪邸」売却で妻・理子にパラサイト…仕事ゼロ、家庭崩壊報道も

    石田純一「3億円豪邸」売却で妻・理子にパラサイト…仕事ゼロ、家庭崩壊報道も

もっと見る

  1. 6
    日ハム清宮は「勝負の5年目」なのにコロナ感染で出遅れ必至…新庄監督はダメならバッサリ

    日ハム清宮は「勝負の5年目」なのにコロナ感染で出遅れ必至…新庄監督はダメならバッサリ

  2. 7
    秋篠宮さま側近が「悠仁さま進学先報道」に苦言の波紋…皇族もネットニュース閲覧

    秋篠宮さま側近が「悠仁さま進学先報道」に苦言の波紋…皇族もネットニュース閲覧

  3. 8
    池袋ラブホ刺殺事件 プータロー兄弟が「パパ活」殺人犯の逃走を手助けした理由

    池袋ラブホ刺殺事件 プータロー兄弟が「パパ活」殺人犯の逃走を手助けした理由

  4. 9
    “奇跡の53歳”中島史恵 本人史上「一番キワどい!」DVD発売 根強い人気のウラにプロ根性

    “奇跡の53歳”中島史恵 本人史上「一番キワどい!」DVD発売 根強い人気のウラにプロ根性

  5. 10
    (1)車両更新交渉破談! 日本企業連合はコロナ禍に“アポなし渡台”で門前払い

    (1)車両更新交渉破談! 日本企業連合はコロナ禍に“アポなし渡台”で門前払い