松浦会長の報酬返上が先決 エイベックスの“リストラ”怨嗟

公開日: 更新日:

 2020年9月中間連結決算の最終利益が32億円の赤字に陥ったエイベックスに激震が走っている。5日、同社は音楽事業の一部や間接部門に在籍する40歳以上の社員443人を対象に100人程度の希望退職を募集することを発表。実に4人に1人のリストラを迫る厳しい内容だが、ネット上には疑問の声があふれている。〈役員報酬カットと高給取りの歌手の整理・縮小が先決じゃないの?〉というものだ。

「今回、リストラ対象にされた40歳以上の社員の中にはエイベックスの黎明期を支えた人がたくさんいます。若い頃は夜な夜な楽しい思いもしましたが、休日返上で寝食を忘れて働いた。そんな功労者たちを切る前にやるべきことが山ほどあるはずです」(音楽関係者)

 例えば、現会長の松浦勝人氏は20年3月期に2億7500万円の役員報酬を受け取った。同社社員の平均年収は約700万円。松浦会長が業績不振の責任を取って役員報酬を全額返上すれば、少なくとも40人近い社員たちがクビにならずに済む。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人・原監督が気の毒になってきた…と思ったが気のせいか

  2. 2

    玉突き人事速報 菅野とダルに追い出される田中は西海岸へ

  3. 3

    阪神糸井が大減俸に 城島と“ポイ捨て”3選手の二の舞を危惧

  4. 4

    原巨人はDeNAソトも取り逃がす 補強“3連敗”スタートの不吉

  5. 5

    菅首相はコロナ禍でも朝昼晩「外食フルコース」の贅沢三昧

  6. 6

    安倍氏任意聴取の狙い 特捜部は十八番のウソを見破れるか

  7. 7

    “鶏卵疑惑”自民に飛び火か…これがズブズブ「献金リスト」

  8. 8

    安倍氏の発言に納得 嘘が許されるなら国会自体意味がない

  9. 9

    吉川元農相は大臣室で現ナマ疑惑…「鶏卵汚職」何人いる?

  10. 10

    中居正広にプロデューサーの才 児童書バカ売れで実力証明

もっと見る