「噂の!東京マガジン」来年3月終了へ 視聴者の若返り優先

公開日: 更新日:

 32年の歴史に幕だ。TBS系日曜昼の情報バラエティー「噂の!東京マガジン」が、来年3月で終了する。スポニチが10日報じた。同番組は1989年10月に放送開始。終了決断の理由は「視聴者層の若返り」のようだ。

 TBSの番組編成は、スポンサー商品の購買意欲の高いファミリー層や若者など13~59歳が対象の「コア視聴率」を最重視。長寿番組ほど視聴者も高齢化し、若者を取り込めないと改編対象にならざるを得ない。

 8日放送の同番組の世帯視聴率は8・1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と好調だが、コロナ禍による民放各局の広告収入の大幅減も影響し、視聴者層の若返りを優先。またひとつ、高齢者が安心して楽しめる番組が消えてしまう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  2. 2

    川口春奈「麒麟」低迷の救世主だが…NHK落胆する多忙ぶり

  3. 3

    松坂大輔と斎藤佑樹が一軍登板ゼロでもクビにならない事情

  4. 4

    巨人菅野の米移籍先はココで!メジャー通2人が勧める4球団

  5. 5

    鈴木京香&長谷川博己「年明け結婚」説を裏づける2つの理由

  6. 6

    他球団は困惑…前ソフトB内村「ヤクルト入り報道」の波紋

  7. 7

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  8. 8

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  9. 9

    小池知事「コロナ重症者数」過少申告の姑息 196人を39人と

  10. 10

    セ首位打者DeNA佐野恵太“驚異のウンチク” ラミ監督も評価

もっと見る