NHK「あさイチ」ピンチ テレ朝に負け続け打ち切りも視野か

公開日: 更新日:

 いまやNHKにとって基幹番組と言っても過言ではない朝の情報帯番組「あさイチ」の視聴率が振るわない。

 番組世帯平均視聴率はいまや7~9%台(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。有働由美子(51)やV6の井ノ原快彦(44)らがキャスターを務めていたかつての人気絶頂期の半分近くに数字が落ち込んでしまっているのだ。

「当初、NHKはコロナ禍で朝ドラ『エール』の本放送が休止になったことが低迷の原因だと分析していたようです。事実、穴埋めのために再放送を流すと視聴率は下がり続け、悲惨な状態になった。さらに『エール』休止中、起死回生を狙って『あさイチ』名物の“セックス企画”を扱っても視聴率は伸びなかった。ちなみに内容は“新型コロナの感染を恐れるため、中国・武漢で性生活にも影響が出ている”というものでした。スタッフは皆、頭を抱えているようです」(制作関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    これが大手企業の平均給与ランキングだ!業界別に大調査

  2. 2

    吉沢亮「青天を衝け」の不安要素…「鎌倉殿」でトバッチリ

  3. 3

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  4. 4

    コロワイド会長も30億円騙された 「M資金」詐欺とは何か?

  5. 5

    再燃した「サクラ疑惑」は権力者同士の泥仕合なのか

  6. 6

    中居正広にプロデューサーの才 児童書バカ売れで実力証明

  7. 7

    二階氏の「春謳歌」続く 強靭化5年延長も菅首相が満額回答

  8. 8

    黒木瞳“監督”に映画界から三下り半「十二単衣…」が大コケ

  9. 9

    ステージ4突入間近 感染爆発招いた大阪維新「3つの大罪」

  10. 10

    巨人・原監督が気の毒になってきた…と思ったが気のせいか

もっと見る