田中幾太郎
著者のコラム一覧
田中幾太郎ジャーナリスト

1958年、東京都生まれ。「週刊現代」記者を経てフリー。医療問題企業経営などにつ いて月刊誌や日刊ゲンダイに執筆。著書に「慶應幼稚舎の秘密」(ベスト新書)、 「慶應三田会の人脈と実力」(宝島新書)「三菱財閥 最強の秘密」(同)など。

山崎育三郎は歌うか 最終前週を締める「イヨマンテの夜」

公開日: 更新日:

 第22週を観て懐かしい思いを募らせた朝ドラファンも多かったのではないだろうか。過去に鮮烈な印象を残した俳優が2人、登場した。1人目は村野鉄男(中村蒼)と29年ぶりに再会する弟を演じた泉澤祐希(27)。「ひよっこ」(2017年度上期)ではヒロイン(有村架純)と一緒に集団就職で上京する、ちょっと気弱で誠実な同級生を好演した。2人目は古山裕一(窪田正孝)の弟・浩二(佐久本宝)と結ばれるリンゴ農家の娘を演じた志田未来(27)。「とと姉ちゃん」(16年度上期)では、ビアホールで酔い客に乱暴されそうになったヒロイン(高畑充希)を助ける不良少女。芯の強さが光った。

 放送から3~4年しかたっていないので、懐かしいというのは当たっていないかもしれない。ただ、コロナ禍の中で時間的な感覚がだいぶおかしくなっていて、少し前のことが遠い昔だった気がしてくる。今回の「エール」にしても、スタートからずいぶん時間が経っているような錯覚におちいる視聴者も少なくないだろう。途中で2カ月半もの中断があったのだ。ともかく、ようやくゴールが間近になった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    黒木瞳“監督”に映画界から三下り半「十二単衣…」が大コケ

  2. 2

    日ハム西川に逆転巨人入りの目 メジャーに意欲も障壁数々

  3. 3

    安倍「桜疑獄」地元・山口で大炎上 “子分”下関市長は恐々

  4. 4

    原英莉花にも“甘い蜜”が…プラチナ世代をスポイルするTV局

  5. 5

    小林浩美LPGA会長 前代未聞「表彰式」ブチ切れすっぽかし

  6. 6

    伊藤健太郎以外も…呪われた「とんかつDJアゲ太郎」の後味

  7. 7

    伊藤健太郎ひき逃げ事件の余波…“空席”を埋める3人の俳優

  8. 8

    地域振興とは名ばかり…「地域共通クーポン」の散々な評判

  9. 9

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  10. 10

    松坂大輔と斎藤佑樹が一軍登板ゼロでもクビにならない事情

もっと見る