NHKプラス登録100万人「エール」は通勤途中に見られている

公開日: 更新日:

 NHK連続テレビ小説「エール」を、朝の通勤電車の中で見る人が増えているらしい。総合とEテレの番組が放送と同時にパソコンやスマホで見られるインターネット配信「NHKプラス」の利用登録が、9月26日で100万847件になったという。アクセスが多かったのは「エール」と、日本各地を襲った「令和2年7月豪雨」、9月の台風9号、10号接近のニュースだった。「エール」は総合では午前8時からの放送だから、通勤途中で見られているのだ。

山崎育三郎や森山直太朗らのミュージシャンが出演しているので、朝ドラとしては若い層にも注目度は高いんです。SNSの投稿も多く、とくに女性が通勤ラッシュの中で、スマホでのぞいているのでしょうね」(放送作家)

 物語は今週から戦後編になった。軍歌や戦時歌謡で多くの若者を戦場に送り込み、恩師の藤堂先生まで死なせてしまった古山裕一(窪田正孝)は、戦争が終わってもまったく曲がかけない。そんな時、ラジオドラマ「鐘の鳴る丘」の主題歌や「長崎の鐘」の詞を見せられて、これからは平和のために曲を作ろうと思い直す。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑子真帆フリー転身は「嘘八百」紅白と“生涯年収”が裏付け

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  4. 4

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  5. 5

    犯罪を隠蔽し国会で大嘘 安倍前首相と共犯政権の今後<上>

  6. 6

    元恋人マッチは不倫…ファンも案じる中森明菜の“現在地”

  7. 7

    またもキャディー交代…もがく渋野日向子の“浮気性”は吉か

  8. 8

    阪神・大山の実質本塁打数を「机上の計算」してみると…

  9. 9

    コロナ禍の紅白歌合戦 綾瀬はるかと嵐が司会を外れた謎

  10. 10

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

もっと見る