タッキー副社長の評価急上昇 リストラに新事業に獅子奮迅

公開日: 更新日:

「タッキーが副社長になってくれてよかった」

 ジャニーズのタレント頭、東山紀之(54)がこう言えば、大みそかのNHK紅白歌合戦に初出場のアイドルグループ、Snow Manのメンバーは「初めてとは思えないくらいちゃんと監督だった」と、故ジャニー喜多川氏から引き継いだ舞台の映画化「滝沢歌舞伎 ZERO 2020」での演出の手腕を持ち上げた。タレントからジャニーズの運営サイドに回った滝沢秀明副社長(38)のことだ。

 ジャニー氏の遺志を継いでのタレント育成のほか、素行などの管理、マネジメント、プロデュースと多方面で活躍し、近藤真彦の不倫騒動では「大先輩を処分できるか」「面と向かって注意すらしないだろう」などと業界で噂になったが、藤島ジュリー社長ともども無期限の謹慎処分を下した。

「大先輩のマッチに直接、謹慎処分を言い渡すようなことはないでしょう。しかしながら、事務所内で滝沢の厳格な対応は首尾一貫していると評判です。春のコロナ緊急事態宣言下にはタレント一丸となった企画を打ち出し、この時期の無自覚行動が発覚し、退所していった手越祐也を『ちゃんと皆やろうとしているのに何だよ』と切り捨て、タレントの手綱を締めていた。ジャニーズJr.の4人組のメンバーが2世タレントとの不倫を報じられた際、このメンバーの退所のみならずグループの解散まで同時発表した。一罰百戒を狙った剛腕で、冷酷との評価もあったくらいですから」(ジャニーズ事情に詳しい関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 2

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  3. 3

    Koki,世界モデル挑戦へ キムタク残し母・工藤静香と移住か

  4. 4

    菅野美穂「ウチカレ」不評…“恋愛の神様”はオワコンなのか

  5. 5

    自宅コロナ死急増「病床不足」の裏に退院できる患者の滞留

  6. 6

    橋本環奈が辿る剛力彩芽と同じ道 USEN宇野会長と親密報道

  7. 7

    菅首相が“国際的な赤っ恥”…バイデン新政権から訪米拒否

  8. 8

    松潤の大河主演で混沌…井上真央との結婚の行方は占い頼み

  9. 9

    大栄翔が初優勝 平幕V続出「戦国時代」の裏の“角界の凋落”

  10. 10

    五輪に執着する菅政権に自民OBが怒り「総入れ替えが必要」

もっと見る