「いいとも」P死去 佐藤義和さんとタモリのとっておきの話

公開日: 更新日:

 フジテレビというよりは一時期、日本のバラエティー番組のトップランナーだったテレビマンの訃報が届いた。ビートたけし明石家さんまが活躍した「オレたちひょうきん族」時代はディレクターとして、タモリの「笑っていいとも!」ではプロデューサーとして活躍した佐藤義和さんが肺がんで亡くなった。72歳だった。

「ひょうきん」時代にはひょうきんディレクターズの一員として、シングル「ひょうきんパラダイス」をリリースし、タレントとともに出演してイジられ、タレント並みの人気者だった。

 そんな佐藤さんが日刊ゲンダイのインタビューコラム「涙と笑いの私の酒人生」に登場してくれたのは6年前。タモリとのとっておきの秘話を語っていた。

 佐藤さんが初代プロデューサーの横沢彪氏から番組を引き継いだのが1987年10月のこと。番組がマンネリ化し、テレフォンショッキング以外の番組コーナーや出演者を一気にリニューアルした時期のエピソードだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東山紀之は結婚報告会見で妻・木村佳乃の名を出さなかった

  2. 2

    体調心配な菅首相に異変…“鉄壁のガースーヘア”にも綻びが

  3. 3

    SMAP独立騒動舞台裏…メリー氏は文春誌上で独自理論を展開

  4. 4

    綾瀬はるかは看板女優に…“恋敵”戸田恵梨香とガチンコ勝負

  5. 5

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  6. 6

    阪神のドラフト下位ルーキーは意外にモノになる 期待は2人

  7. 7

    綾瀬はるか“新・視聴率の女王”確実も…恋愛成就を危ぶむ声

  8. 8

    巨人清武球団代表の怒声が響く「寄せ集めに負けやがって」

  9. 9

    コロナ禍で一部助っ人のみが来日できる裏側…球団なぜ差が

  10. 10

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

もっと見る