ラリー遠田
著者のコラム一覧
ラリー遠田お笑い評論家

1979年、愛知県名古屋市生まれ。東大文学部卒。テレビ番組制作会社勤務を経てフリーライターに。現在は、お笑い評論家として取材、執筆、イベント主催、メディア出演。近著に「お笑い世代論 ドリフから霜降り明星まで」(光文社新書)などがある。

ニューヨークは「底意地の悪い笑い」でブレークした実力派

公開日: 更新日:

 お笑いの世界では才能が認められた将来有望な若手芸人は「ネクストブレーク芸人」などと呼ばれて、テレビに出る機会を頻繁に与えられたりする。その中から実際にチャンスをものにして世に出ていく人も大勢いる。

 2010年結成のニューヨーク(嶋佐和也・34=写真左/屋敷裕政・34=同右)も、早い段階でそのように呼ばれる存在だった。こぎれいな見た目と、偏見に満ちた悪意のあるネタの面白さが評価されていた。

 2013年にはフジテレビの深夜番組「バチバチエレキテる」のレギュラーに抜擢された。この番組ではネクストブレーク芸人が何組か集められてコントやロケなどに挑んでいた。

 だが、番組は半年で打ち切りになり、ここからニューヨークは長い雌伏の時を過ごすことになった。ネクストブレーク芸人と呼ばれ続けながらも、ことごとくチャンスをつかみ損ねていた。

 そんな彼らが復調したきっかけは、YouTubeを本格的に始めて、しっかり作り込んだ動画を精力的に発信するようになったことだった。何でも器用にこなせるタイプの彼らは、飽きられないようにさまざまな企画を次々に発信するYouTubeに向いている芸人だった。業界内の評判は上々で、登録者数も順調に伸びていった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    “被弾”の深田恭子にさらなる受難…交際相手の不動産会社社長がガーシー砲の標的に

    “被弾”の深田恭子にさらなる受難…交際相手の不動産会社社長がガーシー砲の標的に

  2. 2
    給料286カ月分が誤って振り込まれ…チリ人男性が2800万円着服してドロン!

    給料286カ月分が誤って振り込まれ…チリ人男性が2800万円着服してドロン!

  3. 3
    横浜市の女性職員が「風俗店バイト」でクビに…ネットで同情的投稿が相次ぐ意外

    横浜市の女性職員が「風俗店バイト」でクビに…ネットで同情的投稿が相次ぐ意外

  4. 4
    魅惑のEカップ・田中みな実がまんまる“美バスト”をまたまた披露!

    魅惑のEカップ・田中みな実がまんまる“美バスト”をまたまた披露!

  5. 5
    今夏は「逆さビキニ」が再流行?仏ファッション誌も太鼓判

    今夏は「逆さビキニ」が再流行?仏ファッション誌も太鼓判

  1. 6
    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

  2. 7
    新庄監督のトライアウトで日本ハム選手“ガス欠”…交流戦以降わずか1勝8敗のドロ沼

    新庄監督のトライアウトで日本ハム選手“ガス欠”…交流戦以降わずか1勝8敗のドロ沼

  3. 8
    歩りえこ40歳がヌード写真集に挑戦!「痩せにくくなって、夜はゆでたまご3個だけ」

    歩りえこ40歳がヌード写真集に挑戦!「痩せにくくなって、夜はゆでたまご3個だけ」

  4. 9
    シーズン初勝利の試合直後、投手コーチに言った「肘が痛くて…もう投げられません」

    シーズン初勝利の試合直後、投手コーチに言った「肘が痛くて…もう投げられません」

  5. 10
    生稲晃子氏が候補者アンケートにまさかの「無回答」連発! 何がやりたくて国政を志すのか

    生稲晃子氏が候補者アンケートにまさかの「無回答」連発! 何がやりたくて国政を志すのか