オリラジ吉本退社の明暗…藤森のタナボタはいつまで続く?

公開日: 更新日:

 昨年28日、所属事務所である吉本興業を退所したオリエンタルラジオ中田敦彦(38)と藤森慎吾(37)。同日夜に、記者会見風動画を配信し、中田は今年から拠点を家族でシンガポールに移すと表明。前編は中田のYouTubeで再生回数190万回超え、後編は藤森のYouTubeで120万回超え。さらに「緊急会見の舞台裏」も40万回超えし、年末年始のネット上を大いにザワつかせた。

 退社の理由について、中田は活動の場がYouTubeに移り、事務所と疎遠になったためとし、円満退社を強調。だが年末での退所は中田のシナリオ通りという見方が強い。

「常々“ビジョンをもって”“やりがい搾取されてはいけない”と伝えてきた彼らしい演出。独立の経緯を会見風にして客観性を持たせつつ、実はオンラインサロン受講生を使った“動画作品”。反響までも計算ずくです」(オンラインサロン受講生)

 中田といえば、2017年にダウンタウン松本人志(57)を批判して騒動に。その後、「事務所の話し合いにも応じず扱いにくいキャラ」(吉本関係者)が定着し、次第にレギュラー番組が消滅したが、YouTubeに活路を見いだし、大復活。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

  2. 2
    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

  3. 3
    自民議連が目指す郵政民営化改正案の“真の狙い”…郵便料金30年ぶり値上げの先にあるもの

    自民議連が目指す郵政民営化改正案の“真の狙い”…郵便料金30年ぶり値上げの先にあるもの

  4. 4
    粗品に続き鈴木おさむも…“キムタクいじり”が止まらないのは事務所の力が弱まったから?

    粗品に続き鈴木おさむも…“キムタクいじり”が止まらないのは事務所の力が弱まったから?

  5. 5
    「男の器量」は不倫がバレた時にわかる…声優・古谷徹(70)の場合はどうか?

    「男の器量」は不倫がバレた時にわかる…声優・古谷徹(70)の場合はどうか?

  1. 6
    大谷翔平の怒りは収まらず…日テレ&フジ「自宅空撮」で“ドジャース出禁”のその後

    大谷翔平の怒りは収まらず…日テレ&フジ「自宅空撮」で“ドジャース出禁”のその後

  2. 7
    キャリアの分岐点になった移籍の選択…名門パリSG、年俸倍額提示した独クラブのオファーを蹴った

    キャリアの分岐点になった移籍の選択…名門パリSG、年俸倍額提示した独クラブのオファーを蹴った

  3. 8
    松岡茉優が三浦春馬との共演から3年で手に入れた鬼気迫る"暗い演技” 「最高の教師」大健闘

    松岡茉優が三浦春馬との共演から3年で手に入れた鬼気迫る"暗い演技” 「最高の教師」大健闘

  4. 9
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 10
    鈴木京香が4億円を投じた解体寸前の歴史的建造物…あえて私邸として使わないワケ

    鈴木京香が4億円を投じた解体寸前の歴史的建造物…あえて私邸として使わないワケ