草彅剛「結婚」盛り上がらず…元SMAPなのにもう過去の人?

公開日: 更新日:

■ファンは落胆しない

「草彅さんに対するファンの目線は“恋人”というより“友達”です。ジャニーズに限らず、アイドルが結婚するとファンは恋人を取られたような気分になるものですが、草彅さんには不思議とそれがない。昔から知っている仲のいい男友達のような感じで、結婚したと聞いても『それは良かったね』と、ほほ笑ましい気分にさせられる。当然のように受け入れられてしまうというのが、草彅さんの“凄さ”かと」

 確かに、ネット上にファンの“落胆”の声はない。〈驚いたけど、おめでとう〉〈すごくいいニュース〉などと、まるで友人知人の祝福メッセージのような書き込みであふれている。

「草彅さんは元ジャニーズのアイドルなのに、いい人キャラで人気をキープし続けた稀有な存在です。それも、昨年9月公開の主演映画『ミッドナイトスワン』でトランスジェンダーの役を演じて話題になるなど、シリアスからコメディーまで幅広く演じられる俳優として高く評価されているからこそでしょう。結婚も俳優としてプラスに働くはずです」(在京キー局関係者)

 草彅は「ミッドナイトスワン」で、ブルーリボン賞の主演男優賞にノミネート。2月14日スタートのNHK大河「青天を衝け」にも徳川慶喜役で出演するなど、さらなる活躍が期待できそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  3. 3

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  4. 4

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  5. 5

    眞子さまへ一時金1億5千万円「支給するな」は法律的に暴論

  6. 6

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  7. 7

    吉本“粛清”ターゲットの大本命は加藤浩次よりキンコン西野

  8. 8

    小室圭さん結婚強行で「税金ドロボー」の声に逆転の秘策

  9. 9

    NHK視聴率快挙は“Wリョウ”次第?朝ドラの成田、大河の吉沢

  10. 10

    タモリの融通無碍な会話力の原点 九州の会社員時代に悟る

もっと見る