桧山珠美
著者のコラム一覧
桧山珠美コラムニスト

大阪府大阪市生まれ。出版社、編集プロダクションを経て、フリーライターに。現在はTVコラムニストとして、ラジオ・テレビを中心としたコラムを執筆。放送批評誌「GALAC」に「今月のダラクシー賞」を長期連載中。

香取慎吾テレ東主演で明白…元SMAP3人“塩漬け”はお粗末!

公開日: 更新日:

 25日に、香取慎吾主演の連ドラ「アノニマス~警視庁“指殺人”対策室~」がスタートした。アノニマスは日本語で匿名を意味する言葉で、SNSなどの誹謗中傷の撲滅を目指し、市民からの相談にのる専門部署として警視庁に新設された架空の「指殺人対策室」を舞台に、顔の見えない犯罪者と闘う人々を描くオリジナルドラマだ。

 ジャニーズ退所から3年半。公取委が「退所したSMAP元メンバー3人の番組起用を妨げるような働きかけがあった場合」は独禁法違反につながる恐れがあると注意したと報じられてから1年半。やっとここまで帰ってきたかという感じ。

 ドラマ主演にあたり大晦日の「第53回年忘れにっぽんの歌」でも「SMAP×SMAP」から生まれた名物キャラ「カツケン」姿で本家マツケン松平健と「マツケンサンバ」を披露したが、初回放送の日が近づいた先週は「充電させてもらえませんか?」や今週は「YOUは何しに日本へ?」などにもゲスト出演した。

■無名の共演者ばかり

 とはいえ、まだまだ自由に活躍できる感じではなさそうで、意外にも活字媒体の不自由さはテレビ以上(!?)かも。例えば新ドラマを取り上げた雑誌は数えるほど。「週刊大衆」のグラビア「香取慎吾インタビュー『SNS社会の闇』」が目立ったくらいだろうか。

 共演者も対策室の面々で顔と名前がわかるのが勝村政信とMEGUMIで、香取と仲のいい山本耕史に、初回は松平健とキャイ~ンの2人がゲストで出たが、香取とバディを組む関水渚もホワイトハッカー役の清水尋也も、だれ? って感じ。放送中の「バイプレイヤーズ」はあんなに俳優を使っている。何人かこちらに回してと思った。

草彅剛はNHK大河で徳川慶喜役

 今週は2月スタートのNHK大河ドラマ「青天を衝け」に草彅剛が徳川慶喜役で出演と報じられた。草彅は「ミッドナイトスワン」の演技が評価され、日本アカデミー賞最優秀主演男優賞の発表が3月19日に行われる。こちらも注目だ。

稲垣吾郎もNHKでMC

 稲垣吾郎も月イチとはいえ、NHK「不可避研究中」のMCをファーストサマーウイカとともに務めている。

されどテレビ

 CMや積極的なSNS戦略を続けてきた感のある3人。この3年の間にはテレビよりネットの広告収入が上回る逆転現象まで起きている。テレビにこだわらなくてもという気もするが、されどテレビ。彼らの活躍を見たい人は多い。

 テレビでは今も「ラクスル」のCMでしか見ない「のん」(旧・能年玲奈)もそろそろ自由にしてあげてと思っている視聴者も多いはずだ。業界の掟だかの古い因習でせっかくの才能を塩漬けさせるのはもったいない。香取の新ドラマを見ながらそう思った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    有吉弘行は夏目三久と出会い10年“徹底秘密主義”の仰天逸話

  4. 4

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  5. 5

    桐谷美玲ら発掘 名物女社長のパワハラ&セクハラ疑惑と手口

  6. 6

    小池知事また圧力か?子飼いの都議が“竹山番組”ドタキャン

  7. 7

    有吉弘行&夏目三久が結婚 5年前の“幻のスクープ”報道とは

  8. 8

    小室圭さん「国民感情にゼロ回答」でご結婚は前進するのか

  9. 9

    加藤浩次の首筋が寒すぎる…吉本は「ラヴィット!」を支援

  10. 10

    東京まん延防止適用 3度目宣言のカウントダウンが始まった

もっと見る