香取慎吾、それとも亀梨和也?今期ドラマの勝ち組は…

公開日: 更新日:

 この1月期のドラマはジャニーズタレントの出演が11作品と大豊作。元SMAP香取慎吾(43)の「アノニマス~警視庁“指殺人”対策室~」(テレビ東京系)も含めると、9作が主演作だ。そんな中、目立つのは、昨年不幸に見舞われたタレントの出演の多さだ。

 昨年8月、山下智久(35)と飲未成年女性と飲食で厳重注意を受けたKATーTUNの亀梨和也(34)は、1月23日スタートの「レッドアイズ監視捜査班」(日本テレビ系)は平均視聴率12.4%(関東地区、ビデオリサーチ調べ/以下同)を獲得。ツイッターでは「#レッドアイズ」がトレンドワードの1位を獲得した。

 同じく災いが転じたのは、関ジャニ∞大倉忠義(35)。昨年9月にコロナ感染で1カ月休養。現在「知ってるワイフ」(フジテレビ系)で主役を演じ、視聴率は初回から6.1%、7.0%、6.5%と2ケタに及ばない、しかし、大倉演じる結婚5年目で2児の父親、職場で上司から、家で妻から怒鳴られるリアルな家族像に共感の声が続出。放送中には毎話、ツイッターでトレンドに上がり注目度は上々。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元宝塚男役トップ明日海りおは“ポスト天海祐希”の大本命

  2. 2

    多部未華子の夢は「子育てに没頭」 ファンが案じる女優引退

  3. 3

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  4. 4

    渋沢栄一の不思議 なぜ“名を冠した企業”が1社しかないのか

  5. 5

    北川景子もハマっている「盛り塩」なぜ広まった?注意点も

  6. 6

    東電22兆円巨額裁判の行方「株主代表訴訟」弁護団長に聞く

  7. 7

    愛知県リコール署名偽造はビジネス右翼による国家国民攻撃

  8. 8

    静岡放送社長の勘違い…女子アナとのW不倫疑惑で開き直り

  9. 9

    桑名正博さんの周りはイイ女だらけだった

  10. 10

    大河「青天を衝け」の死角 渋沢栄一の“カネと女”どう描く

もっと見る