高倉文紀
著者のコラム一覧
高倉文紀美少女・女優評論家

札幌市生まれ。雑誌「日経エンタテインメント!」(日経BP社)、Web「タレントパワーランキング」(アーキテクト)などで女優・アイドルの取材や分析を手掛ける。畑芽育・出口夏希らがモデルを務めた「制服美少女情景図鑑」(玄光社)で物語の執筆を担当した。

橋本マナミは愛人キャラ脱却…妖艶返上で人気のレアケース

公開日: 更新日:

 橋本マナミというと、バラエティー番組のイメージが強い人も多いと思う。しかし、実はもともと芸能界に入ったきっかけは全日本国民的美少女コンテストで入賞したことで、そのときにもらった賞は「演技部門賞」だった。

 その後、事務所を移籍して2016年にNHK大河ドラマ「真田丸」に細川ガラシャ役で出演。それまでは妖艶なビジュアルから「国民の愛人」と呼ばれていたのがこの大河ドラマでは正室役を演じ、役柄の幅が広がるきっかけになった。

 今年1月15日に全国公開された映画「越年Lovers」は主演の峯田和伸とヒロインの橋本がともに山形県出身で、山形で撮影が行われて監督が台湾のグオ・チェンディという異色作。

 この映画で彼女は、幼なじみへの思いを10年間ずっと言葉にすることができなかった女性を演じた。愛人キャラのイメージが強かった頃は男性を誘惑する役が多かったというが、それとは真逆の役と言える役を通じて見せた女優としての存在感が印象的だった。間違いなく、女優・橋本マナミの代表作になるだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    GoToトラベル再開で経済効果あり? 適当なことをいうなっ

  3. 3

    出場選手「ワクチン優先接種」実施なら五輪中止のトドメに

  4. 4

    台湾脱線事故で日本の鉄道関係者に衝撃が走ったワケ

  5. 5

    五輪警官宿舎で“48億円ドブ捨て” 第4波備え都民に開放を!

  6. 6

    株式会社TOKIO設立に隠された深い意味 復興を途切らせない

  7. 7

    フミヤ還暦目前で確執決着? チェッカーズ再結成の奇跡も

  8. 8

    小池知事“数字”取れず…竹山が批判の動画も再生回数伸びず

  9. 9

    落合博満さんにこっそり聞いた「守備のポジショニング」

  10. 10

    眞子さまと小室さん描くシナリオ 弁護士合格で年内結婚?

もっと見る