Koki,がシャネルからお払い箱に…静香ママとも意見対立?

公開日: 更新日:

 木村拓哉(48)と工藤静香(50)の次女で、モデルのKoki,(コウキ=17)が、シャネルのビューティーアンバサダーを降板したと発売中の「週刊女性」が報じている。

 コウキは18年に日本人初、15歳でブルガリとシャネルのアンバサダーとして華々しくデビュー。19年にはシャネルのランウエーに登場した。

 ところが、ショーの動画では超一流モデルの中、他のモデルよりも圧倒的に小柄だったコウキが、インスタグラムでは同寸になり、シャネル側の画像加工疑惑でネットが炎上。これがきっかけで、昨年の秋、契約満了になったという。シャネルに問い合わせたところ「アンバサダーにつきましては一切お答えできません」(担当者)というのだが……。

「15歳で美容分野で抜擢されたとなれば4、5年は継続できる。工藤静香さんもアテが外れたのでは」(ヘアメーク)という声も。

そろそろ“子離れ”の時期

 進路問題では、インターナショナルスクール卒業後はモデルに専念したいコウキと大学進学を望む静香ママの間で意見が対立。母娘にすれ違いが生じているという。芸能リポーターの川内天子氏がこう言う。

「シャネルでキャリアをスタートさせて“箔付け”としては成功。次々とハイブランドのアンバサダーを渡り歩き、あえてブランドイメージをつけないという戦略も考えられます。今まで話題性に事欠かない静香ママのプロデュースは成功ですが、進路を含め、そろそろ“子離れ”の時期では。世界で戦える事務所に預け、応援する側に回る方が活躍の幅が広がると思います」

 親が思う以上に子供はしっかりしているものである。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    ダルビッシュ「サイドスローで日本ハム復帰」の可能性...かつて本人が語った“最悪最後、中継ぎも面白い”

    ダルビッシュ「サイドスローで日本ハム復帰」の可能性...かつて本人が語った“最悪最後、中継ぎも面白い”

  2. 2
    秋篠宮家が迫られる“悠仁さま広報戦略”の一手…急成長の宮内庁インスタと愛子さま人気で注目

    秋篠宮家が迫られる“悠仁さま広報戦略”の一手…急成長の宮内庁インスタと愛子さま人気で注目

  3. 3
    TM NETWORKデビュー40周年ツアーが千秋楽 生きる伝説3人でも直面する「老い」の現実

    TM NETWORKデビュー40周年ツアーが千秋楽 生きる伝説3人でも直面する「老い」の現実

  4. 4
    ダルビッシュ「日本ハムドラ1入団」の舞台裏…巨人が寝技で“4位指名画策”していた衝撃

    ダルビッシュ「日本ハムドラ1入団」の舞台裏…巨人が寝技で“4位指名画策”していた衝撃

  5. 5
    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

  1. 6
    ダルビッシュの根底にある不屈の反骨精神 “強いチームで勝ちたい大谷”との決定的な違い

    ダルビッシュの根底にある不屈の反骨精神 “強いチームで勝ちたい大谷”との決定的な違い

  2. 7
    自民“裏金”衆院議員44人の「新選挙区」はココだ! 政倫審拒否した全員を落選させるしかない【表付き】

    自民“裏金”衆院議員44人の「新選挙区」はココだ! 政倫審拒否した全員を落選させるしかない【表付き】

  3. 8
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9
    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬の死と自身の不調

    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬の死と自身の不調

  5. 10
    入団直後から“普通でなかった”思考回路…完封を褒めても「何かありましたか?」の表情だった

    入団直後から“普通でなかった”思考回路…完封を褒めても「何かありましたか?」の表情だった