城下尊之
著者のコラム一覧
城下尊之芸能ジャーナリスト

1956年1月23日、福岡県北九州市生まれ。立教大学法学部卒。元サンケイスポーツ記者。82年、「モーニングジャンボ 奥様8時半です」(TBS)の芸能デスクとなり、芸能リポーターに転身。現在は「情報ライブ ミヤネ屋」(読売テレビ)、「朝生ワイド す・またん」(読売テレビ)、「バイキング」(フジテレビ)に出演中。

ザブングルの長すぎた自粛…一般人に戻る芸人が止まらない

公開日: 更新日:

 最近、芸能人の生き方について考えさせられる出来事が続いた。

 まずキングコングの西野亮廣(40)が所属していた吉本興業を退社したことが明らかになった。吉本の公式HPに「双方合意の上、マネジメント契約を終了」した報告があった。その直前、西野がツイッターで「退社の可能性も含め話し合いを進めている」と示唆していたが、吉本のマネジャーについて言及したりとトラブルをにおわせていた。絵本を描き、自ら製作総指揮を担当した「えんとつ町のプペル」をヒットさせたりと、芸人というより、芸術家・アーティストというマルチな動きをしてきた。

 僕の知っているワイドショーのディレクターが、その映画が完成した時期に西野を取材し、映画紹介と笑いを取るコメントで短いネタにしようとしたら、「そんな話、おもろない。今日は映画の話やろ」と断られ、タメ息をついていたことがあった。その頃から彼の生き方の方向性が変わっていたということだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  2. 2

    元ギャングに顔面の入れ墨…「消さずに生きていく」の真意

  3. 3

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  4. 4

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  5. 5

    五輪ありきの重点措置“乱発”の姑息…関西5府県は壊滅状態

  6. 6

    プロに任せるは“カモネギ”状態 買ってはいけない投資商品

  7. 7

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  8. 8

    羽鳥慎一高笑い?川島明「ラヴィット」はクセがなさすぎる

  9. 9

    松山マスターズVの裏側 コーチとギア担当者が新加入し支援

  10. 10

    松山英樹Vの“神風”生かせず…「ラヴィット!」に失望の声

もっと見る