高橋伴明監督「痛くない死に方」終末医療の現実と理想の死

公開日: 更新日:

 高橋伴明監督(71)が新作「痛くない死に方」で描いたのは、終末医療の現場である。いや応なく訪れる人生の末期、病院では延命治療が当たり前のように施されているが、それでいいのか。在宅で、延命措置を求めない「リビングウィル」の選択肢も含め、理想の死に様を考えさせる意欲作だ。

 ――これが遺作だと、脚本から手掛け、取材もされたそうですね。

「ええ。65歳を過ぎた頃から、死というものを意識するようになってまして。周りで身につまされる話もあり、自分はどのように死にたいのか、本を読み漁っていたら、在宅医療という道があり、リビングウィル、人生会議といった言葉が入ってきた。いざとなったときでは遅い、今やるべきことがあると気づいたのがはじまりでした。そして医学の進歩によって、延命が可能になった一方で、本来あるべき自然な死を迎えられない、死ぬに死ねないような状況に陥りかねないと知って、これはまずいと思ったんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  2. 2

    「オレ流」落合監督の入閣打診 早すぎる前々年12月だった

  3. 3

    愛知県リコール署名偽造はビジネス右翼による国家国民攻撃

  4. 4

    150人が殺到 久美子氏の誕生日「晴れ舞台」で迫られた弁明

  5. 5

    福原愛にも不倫報道!徹子の部屋での異変と台湾の家庭事情

  6. 6

    菅側近はNTTともズブズブ 金満接待漬けで検察捜査に現実味

  7. 7

    粗品に“破滅型芸人”の匂い ギャンブル&借金でやっさん化

  8. 8

    空港でパンツ下ろせ!中国が採用「肛門PCR」2つのメリット

  9. 9

    加熱する中台「総額57億円のパイナップル」バトルに懐疑論

  10. 10

    山田真貴子氏は“ジジ殺し” 内閣広報官の評判と夜の流儀

もっと見る