話題の映画「プラットフォーム」が暴く格差社会のリアル

公開日: 更新日:

 富裕層や大企業を優遇すれば経済が活性化し、貧しいものにも富が滴り落ちる――。日本では竹中平蔵氏が自民党政権のブレーンとして、長年旗振り役を担ってきたトリクルダウンの経済理論だ。ところがそんなミラクルは実際には起きず、最近では否定的な学術論文も登場。当の竹中氏はユーチューブチャンネルを開設したとたん、低評価と批判の嵐にさらされコメント欄閉鎖に追い込まれるなど、明らかに潮目が変わってきている。

 世界の映画界でも、分断を象徴するトランプにNOを突き付けたハリウッドを先頭に、格差社会批判が強まっているが、中でもスペイン映画「プラットフォーム」の設定があまりにもキョーレツと話題だ。映画批評家の前田有一氏がこう語る。

「スペインには、SFなどジャンル映画を集めたファンタスティック映画祭の中でも世界最高峰といわれるシッチェス・カタロニア国際映画祭があるのですが、そこでSFマニアに絶賛され、最優秀作品賞を取ったのがこの映画です。その寓話的なストーリーと設定は、現実世界のトリクルダウン批判そのものだと評判になりました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍前政権の反知性主義が「国産ワクチン開発遅れ」の元凶

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    池江&松山を聖火最終走に祭り上げ!世論スルーの機運醸成

  4. 4

    思い出作りの訪米 何もしない首相はいてもいなくても同じ

  5. 5

    吉村知事がTV行脚で自己弁護 コールセンターに抗議殺到!

  6. 6

    マリエは今だから枕営業の実態告発 “海外の目”援軍なるか

  7. 7

    都が見回り隊員に大盤振る舞い 日給1万2200円+αは妥当?

  8. 8

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  9. 9

    原発汚染水にトリチウム以外の核種…自民原発推進派が指摘

  10. 10

    ワクチン後進国の日本が“変異株リスク”…米外交専門誌が警鐘

もっと見る