井筒和幸
著者のコラム一覧
井筒和幸映画監督

1952年12月13日、奈良県出身。県立奈良高校在学中から映画製作を始める。75年にピンク映画で監督デビューを果たし、「岸和田少年愚連隊」(96年)と「パッチギ!」(04年)では「ブルーリボン最優秀作品賞」を受賞。歯に衣着せぬ物言いがバラエティ番組でも人気を博し、現在は週刊誌やラジオでご意見番としても活躍中。

日本の財政も信用ならないし給付金もどこに配られるやら

公開日: 更新日:

 やれ、昨日は感染何百人だ、今日は100人増えたと数のことばかり、ワイドショーはそれしか言わない。政府の無策や給付金の足りなさを糾弾する出演者は一人もいない。なんでそんな早く宣言解除したんだ! 感染増えて当たり前だ! 社会全員が人体実験をされてるだけじゃないか! と突く番組がない。五輪開催に意地になってる政府に、テレビは一斉に口封じされているようにも思える。給付金再支給を求める「つぶやきデモ」がSNSごときで起きようが何の力もないし、本当のゲリラデモの気配もない。若いやつらもおとなしい。

 日本全土があまりにおとなし過ぎる。うわべの民主主義と金欲だけにすがってきたこの国はもう理想も夢もついえてしまったようだ。敗戦後から「社会の理想」を旗印に、国民の誰もががむしゃらになって立ち上がったのに、今はその意欲のかけらもなく萎えてしまっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜の地上波激減に友近真っ青…大きすぎた反旗の代償

  2. 2

    巨人投壊の犯人は誰?桑田補佐「投げ込み奨励」が目の敵に

  3. 3

    大阪の“二の舞”か5.4万人入院できず…迫る最悪の医療崩壊

  4. 4

    大谷二刀流が意外な不人気の謎解き 報道とファンは対照的

  5. 5

    オリラジ藤森慎吾 “司会1時間1000万円”オファー断った嗅覚

  6. 6

    夏目三久“女子の本懐”と玉の輿 フリーアナ戦線から一抜け

  7. 7

    「リコカツ」永山瑛太の新機軸 守られたい女子急増の予感

  8. 8

    小池都知事が大誤算…「東京五輪中止」ブチ上げの効果消失

  9. 9

    ポスト夏目三久は誰?引退で熾烈な“椅子取りゲーム”が勃発

  10. 10

    三田寛子が不倫を繰り返す夫・中村芝翫と離婚しない理由

もっと見る