阿部寛「ドラゴン桜」に期待大 前作の再放送は吉と出るか

公開日: 更新日:

 春ドラマがぼちぼちとスタートし始めている。放送前から注目を集めている作品はいくつかあるが、中でも4月25日スタートのTBS日曜劇場「ドラゴン桜」の“期待値”は相当高い。

 2005年に放送された連ドラ「ドラゴン桜」の続編となっており、主演は当時と変わらず俳優の阿部寛(56)。原作は、週刊漫画誌「モーニング」で2018年から今年3月まで連載していた三田紀房氏による「ドラゴン桜2」だ。前作で東大を目指す“東大クラス”の生徒役のひとりだった長澤まさみ(33)が続編に出演することも大きな話題となっている。

 前作の「ドラゴン桜」は放送当時に社会的ブームを引き起こし、今も語り継がれる名作だ。

「阿部さんの熱演が視聴者の心に響いたのはもちろんですが、何と言っても当時の“東大クラス”のメンバーが若い世代から大きな支持を集めたのが大きかった。山Pこと山下智久新垣結衣、長澤まさみ、小池徹平紗栄子……きらびやかな面々が出ていましたよね。中尾明慶もまだ初々しかったし、とにかくみんな華があった」(テレビ誌ライター)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    出川哲朗は枕営業騒動で一番深手…“救いの手”はあるのか

  5. 5

    マリエ枕営業騒動にみる「根に持つ女性」の賢いあしらい方

  6. 6

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  7. 7

    小室圭さんが母の元婚約者に“解決金” 支払いは誰が?

  8. 8

    小室圭さん400万円で破談寸前に 初動ミスを招いたプライド

  9. 9

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  10. 10

    小池知事の無策が招くGW明け新規感染3800人の最悪シナリオ

もっと見る