マリエは今だから枕営業の実態告発 “海外の目”援軍なるか

公開日: 更新日:

 マリエ(33)の「枕営業告発騒動」がさらなる波紋を広げている。

 騒動の発端は、マリエが4日に自身のインスタグラムのストーリーズに上げたライブ動画配信だ。「真ん中に(島田)紳助さんがいるの。それで『やらせろやらせろ』と。そこにいた出川(哲朗)さんも、やるせなす(コンビ)の人たちも、みんな18歳の私を帰さなかったのよ」と語ったのだ。

 これに出川の所属事務所は9日夜「お騒がせしているような事実はないと申しております」とコメントすると、マリエは11日、インスタグラムで「私は嘘をつきません」と英語と日本語で反論メッセージを投稿した。

 15年も前の話をなぜ今?という疑問も上がっているが、今告発するのには理由があるという。

「マリエは今年3月に『すべての人が個性と能力を発揮でき、豊かで幸せな人生を送れる社会の実現』を掲げているHAPPY WOMAN AWARDを受賞し、女性の地位向上についてアクションを起こそうと立ち上がったのが一番でしょう。#MeToo運動やSNSの発信力が強まり、告発をもみ消されない環境が整ったことも大きい。英語で発信したのは、海外に向けた発信だということ。日本の悪しき風習に“海外の目”が援軍になってくれる可能性を見込んでいると思います」(芸能関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    小泉孝太郎が“特捜部が捜査”企業CMをひっそり降板していた

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  5. 5

    さぁ、困った! 即戦力のドラフト1位候補を評価できない

  6. 6

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  7. 7

    婚約内定会見から3年8カ月の眞子さまは…約束後45%が破棄

  8. 8

    大谷翔平に追われたプホルスにレイズ筒香が追い出される日

  9. 9

    宣言拡大延長なのに規制緩和の支離滅裂…スガ不況へ一直線

  10. 10

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

もっと見る